楽しいニュースイメージキャラクター「キャロ」10月

楽しいニュース.com

世の中の明るいニュース、あつめました!

今日は何の日?

本日10月21日は…

2017.02.02癒し系

今年のバレンタインは“渡す”から“一緒に味わう”に 六本木の極上チョコスイーツ

LINEで送る
Pocket

もうすぐバレンタインですね。

チョコレートが大好きな私にとって、至福のときです(≧∇≦)

 

素敵なボックスに詰められたチョコレートも魅力的ですが、バレンタインに向けて登場するチョコレートを使ったスイーツを優雅にサロンでいただくのもこの時期ならではの贅沢です。

 

というわけで、今回はチョコレート好きの私がイチオシする、六本木の東京ミッドタウンで食べられる極上チョコスイーツをご紹介します。

 

まずは、「Toshi Yoroizuka(トシ ヨロイヅカ)」。

席はカウンターのみ。オーダーを受けてから、シェフが目の前で作ってくれます。

シェフの方とお話しながら、作る過程を見ることができて、待っている間も楽しいひとときです♪

スイーツの前に提供される、栗とかぼちゃの冷製スープ。

自然な甘さで、このあとのスイーツをより美味しく感じさせてくれそうです。

 

1品目は「Souflle aux Chocolat(スフレ オ ショコラ)」。

スフレは、季節によって、カスタードやさつまいも、かぼちゃとりんごなど、色々な味わいを楽しむことができる人気メニューなのです。

毎年バレンタインは、チョコレートクリームのスフレだそうです(*゚▽゚*)

今年は、チョコレートクリームにキャラメリゼしたバナナとピンクペッパーが入った一品。ピスタチオのソースが添えられています。

 

オーダーを受けてからシェフが卵を割って作り始め、目の前のオーブンで焼き、できたてで提供されます。しぼんでしまう前に、急いで撮影して、いただきます♪

中はふわふわとろとろのメレンゲ、卵は有精卵が使われているので、濃厚です。

スプーンで下の方をすくうと、チョコレートクリームとバナナが現れました。

チョコレートクリームとキャラメリゼされたバナナは相性抜群!甘さとほろ苦さがたまりません。

さらに、ピンクペッパーのほのかなスパイスの香りが加わり、風味豊かな仕上がりでした。

 

そして、バレンタインにピッタリのもう1品がこちら。

「Biscuit Coulante chocolat Passion(ビスキュイ クーラントショコラ パッション)」です。

使用しているチョコレートは、シェフの鎧塚俊彦さんのこだわりが詰まった「世界初、畑からつくったショコラ」です。

というのは、鎧塚シェフ自ら南米エクアドルに赴き、2010年にカカオ農園「Toshi Yoroizuka Cacao Farm」を開設して、チョコレートの原料となるカカオ豆を作り始めたそうです。

2014年に初収穫ができ、エクアドルで作ったカカオ豆をお店でローストして、チョコレートを作っています。

ロースト時間を短くすることで、独特の発酵の香りや酸味を味わうことができ、フレッシュ感やフルーティー感があるチョコレートができるそうです。

時間も労力も惜しまない姿に感動すると同時に、期待が高まります!

 

ナイフを入れると、中からチョコレートと、マンゴーとパッションフルーツのソースがとろりと出てきます。

チョコレートは濃厚ですが、後味はスッキリしています。ロースト時間が短いことによって酸味があるからでしょうか(*^^*)

カカオの芳醇な香りと爽やかなフルーツの香りがベストマッチです!

 

温かいフォンダンショコラとキャラメルのアイスクリームを一緒に口に運ぶと、温度のコントラストが素晴らしい(●´ω`人´ω`●)

フォンダンショコラの酸味に、キャラメルアイスの香ばしさと甘味がよく合いますね。

 

紅茶はマンゴー&グアバのフレーバーティーです。

フォンダンショコラのソースにもマンゴーが使われていたので、スイーツとの相性が良くて、美味しくいただけました。

 

この他に、バレンタイン限定スイーツ「Assiette Saint-Valentin(アシェット・サンバレンタイン)」もありますよ☆彡

 

 

続いては、「JEAN-PAUL HEVIN(ジャン=ポール・エヴァン)」。

私が大好きなチョコレートの専門店です(*゚▽゚*)

今しか食べられない、バレンタイン限定スイーツ「Menu l’éclat(ムニュ レクラ)」。

このケーキとっても可愛いっ(〃∇〃)

登場したとき、目がハートになるくらいテンションがあがりました(笑)

 

バレンタイン限定の赤いハートのケーキ「レクラ」と紅茶のセットです。

紅茶は2人分あるので、シェアしていただくのがおすすめ☆

紅茶はメニューから選ぶことができるので、今回はチョコレートと合うようにブレンドされた「ジャン=ポール・エヴァン メランジュ」にしました。

 

あまりに可愛いのでナイフを入れるのを躊躇しましたが、思い切ってケーキ入刀(`・ω・´)ノ


中は、ビターチョコレートのムースとショコラビスキュイが層になっています。

なめらかなムースと、しっかりしたビスキュイの食感のコントラストを楽しむことができます。

そして、さすがチョコレート専門店です!カカオの香り高く、ビターチョコレートの甘味と苦味のバランスが絶妙でした。

 

ケーキが目の前に現れたときは、「大きいなぁ~。2人で食べるにしても多くないかな。」と思いましたが、美味しくてあっという間に完食してしまいました(笑)

 

ちなみに、アルコールは使用していないので、お酒に弱い方や小さなお子さん、車の運転をする方も安心して食べることができますよ(・∀・)

 

紅茶は、スモーキーな独特の香りが特徴的でした。ラプサンスーチョンとギャバンという中国産の茶葉のブレンドだそうです。

スイーツに合わせて、少し薄めに提供されます。主張しすぎず、チョコレートの美味しさを引き立ててくれます。

食事とお酒のペアリングのように、紅茶とスイーツの相性が良いと、両方がさらに美味しく感じられますね☆

 

「Menu l’éclat(ムニュ レクラ)」は、2月14日までの限定です。

 

そして、2月6日~14日の9日間限定で、「Tarte Petale De Rose(タルト ペタル ドゥ ローズ)」というケーキが発売されます。

 

サクサクとした食感のサブレをゆず風味のガナッシュとシンプルな味わいのガナッシュでデコールした、バレンタイン限定ケーキ。

ショコラでできたバラの花びらがあしらわれているそうです。

こちらも気になります!ぜひ食べたい!!

 

洗練されたおしゃれな空間で、シェフやパティシエ渾身の極上スイーツをいただいて、とても優雅な時間を過ごすことができました。

スイーツに合うコーヒーや紅茶をセレクトしてくれるのも嬉しかったです(*´∀`)

 

今年は、チョコレートを渡すのではなく、チョコスイーツを彼や友達と一緒に味わってみてはいかがでしょう?

 

 

関連リンク:

Toshi Yoroizuka Midtown(トシ ヨロイヅカ ミッドタウン)

東京ミッドタウン・イースト1F B-0104 03-5413-3650

 

JEAN-PAUL HEVIN(ジャン=ポール・エヴァン)東京ミッドタウン店

東京ミッドタウン ガレリアB1F 03-5413-3676

 

・ウェザーマップ 久保井朝美プロフィールページ
・TBS ウィークエンドウェザー
・ラジオNIKKEI ハート&ライフ〜ありがとうを言わせて~

今注目されている記事

久保井朝美のお天気コラム
ワンダーランドインのーざ

Let's Share! ⇒ twitter facebook はてなブックマーク

楽ニュ~オリジナルLINEスタンプ発売中!