楽しいニュースイメージキャラクター「キャロ」7月

楽しいニュース.com

世の中の明るいニュース、あつめました!

今日は何の日?

本日7月17日は…

2018.03.29ご当地

行ってきました!古河の桃まつり

LINEで送る
Pocket

各地で桜が咲き始め、お花見シーズンとなりました。毎年この季節を楽しみにしている人は多いと思います。ただ、桜はいたるところで見られますよね。そこで、今回は桜と同じくピンク色の「桃の花」を見に行ってきました。

 

茨城県古河市にある古河公方公園(古河総合公園)では、桃の花が見ごろとなり「桃まつり」が開かれています。ちなみに、古河公方とは、下総国古河を本拠とした関東足利氏のことで、第5代鎌倉公方・足利成氏が、鎌倉から古河に本拠を移して初代古河公方になり、その跡地が古河公方公園にあたるそうです。

 

中に入るとすぐにピンク色の景色が目に飛び込んできました。桜の花より濃いピンクなので、空の青色とのコントラストがはっきりしています。

 

 

会場には、5種類の桃の花があるそうなので、探してみました。まずは、「矢口」という品種です。ひなまつりに切り花として使われます。会場にあるほとんどの桃の花がこの品種です。

 

この品種は、赤に近いピンクもあるので、場所によっては微妙な色の差異を楽しめます。

 

 

つづいて、「源平」という品種。1本の木に赤と白の花が咲きます。源平の旗色にちなんでこの名前がついたそうです。

 

よく見ると白い花に赤が混ざっているものもあります。上品でかわいらしい花です。

 

 

こちらは「寒白」という品種です。真っ白な桃の花です。

 

ピンク色の花の中に白の花の木があるので、すぐにわかります。圧倒的にピンクが多い中、白い花は貴重ですよね。

 

 

こちらは「寿星桃」。なかなか見つからず、スタッフに聞いて場所を教えてもらいました。旧正門近くです。背丈が低く、花が密についています。鉢植え用としても人気あるそうです。

 

 

もう一つ、「菊桃」という品種があるのですが、こちらは他の花より遅く咲くそうで、今回は見られませんでした。

 

 

ですが、桃の花に囲まれ、素敵な景色をたくさん見ることができました。菜の花やスイセンも咲いているので、ピンクと黄色のコンビネーションも楽しめます。

 

 

 

 

これらの桃の木、なぜこの場所に?と思う人もいるでしょう。パンフレットによると、江戸時代初期に、江戸の家臣の子供たちに桃の種を拾い集めさせて、古河に送って農民に育てさせたそうです。当時は、果実としての桃でしたが、今は花桃(花を観賞するための桃)を植えて桃林にしているとのこと。

ということは、花が咲き終わっても、くだものの桃にはならないのですね。

 

 

写真スポットもあります。桃の花をバックに記念撮影をどうぞ。桃娘がいたら、一緒に撮ってもらうこともできますよ。

 

 

出店もたくさんあるのでお腹がすいても大丈夫です。どれも美味しそうだったのですが、古河名物「丸満餃子」を買ってみました。その場で作ってくれるので、でき立てを頂くことができます。もちもちしていて、とても美味しかったです。

 

 

 

熱気球体験(有料)もあります。土日祝日に実施していて、20~30mの高さまで上がります。1回の料金は、大人(中学生以上)1,000円、子供(小学生)500円です。

 

 

この古河公方公園は意外と広く、遊具広場や沼、森があります。また、中山家と飛田家の古民家もあります。2軒とも、もともとは別の場所にあったのですが、こちらに移築されたそうです。写真は飛田家です。

 

中に入ると、千歯こきや唐箕などの昔の農具やかまどなどが展示されていました。最近では、NHK大河ドラマ「西郷どん」の撮影にも使われたそうです。中山家と飛田家、2軒の家を撮影できるので便利ですよね。ご興味のある方は行ってみてください。桃の花を見に行ったついでに、タイムスリップした気分になれますよ。

 

 

 

1度通ったときには気がつかなかったのですが、芝生広場の近くにオリがあり、クジャクがいました。羽は広げていませんが、悠々としていて気品があります。

 

 

本部近くには、「おみやげ処」があります。名物の「鮒の甘露煮」はいかがでしょうか。味見させてもらったのですが、骨まで柔らかく、ご飯のおかずになりそうです。お酒が好きな人には、「桃ひめ」という梅酒がおすすめです。

 

芝生広場や駐車場付近には桜の木もあり、満開です。桜と桃の花を一緒に楽しめる場所は全国でも少ないのではないでしょうか?また、お花を楽しむだけでなく、メインステージでのショーやサブステージでの大道芸などもあるので、1日中楽しむことができます。今の季節しか楽しめないので、レジャーシートご持参で、出かけてみてはいかがでしょうか。

 

 

古河桃まつり

場所:古河公方公園(古河総合公園) 古河駅(古河公方公園(古河総合公園))から臨時運行バスあり。駐車場(1日500円)

期間:3月20日(火)~4月5日

http://www.kogakanko.jp/momo/

今注目されている記事

自己PR研究所
久保井朝美のお天気コラム

Let's Share! ⇒ twitter facebook はてなブックマーク

楽ニュ~オリジナルLINEスタンプ発売中!