楽しいニュースイメージキャラクター「キャロ」10月

楽しいニュース.com

世の中の明るいニュース、あつめました!

今日は何の日?

本日10月19日は…

2018.07.31ご当地

久保井朝美のFPワンポイントレッスン ふるさと納税で被災地支援

LINEで送る
Pocket

西日本を中心とする広い範囲で、記録的な大雨となった、「平成30年7月豪雨」。

1府10県に、数十年に1度の大雨として最大限の警戒を呼びかける、大雨特別警報が発表されました。

死者は200名以上で、平成最悪の豪雨被害となりました。

 

私たちにできることは何でしょう?

支援金や義援金を寄付したり、復旧作業のボランティアに行ったりというのもありますが、ふるさと納税で被災地を支援するというのも1つの手段です。

 

ふるさと納税で被災地支援とは?

ふるさと納税の申請がインターネットで簡単にできる仲介サイトでは、返礼品のないコースを作って、被災自治体への寄付を呼びかけています。

インターネットでの申請はすでに10億円を超えています。

 

これまでにも、平成28年熊本地震、平成29年九州北部豪雨、今年6月の大阪北部地震などの災害に対して、返礼品を伴わないふるさと納税を通じて、被災地への寄付が行われてきました。

※イメージ画像です

被災した自治体に速く、ダイレクトに、寄付金を届けることができます。

 

ふるさと納税 主な仲介サイト

まずは、インターネットで簡単に申請ができる仲介サイトから、ふるさと納税をする自治体を決めます。

最も申し込みが多いのは、「ふるさとチョイス」です。

 

ふるさとチョイス https://www.furusato-tax.jp/

さとふる     https://www.satofull.jp/

ふるなび     https://furunavi.jp/

ふるぽ      https://furu-po.com/

楽天ふるさと納税 https://event.rakuten.co.jp/furusato/

 

直接?代理?

「ふるさとチョイス」の場合、被災した自治体に直接ふるさと納税をする方法と、代理自治体を通して行う方法があります。

代理自治体というのは、被災していない自治体が、被災した自治体に代わって寄付金を受け付けることです。ふるさと納税の受領証明書の発行などの事務処理を代行することで、被災した自治体の業務の負担を軽減し、いち早く寄付が被災地に届きます。

 

ふるさと納税ワンストップ特例制度

さて、控除上限額内であれば、ふるさと納税の合計額から2,000円を差し引いた分が、「寄付金控除」として税金から控除されます。

簡単に控除を受けられる制度があるのをご存知でしょうか?

 

2015年に導入された「ふるさと納税ワンストップ特例制度」は、確定申告をしなくても、寄付金控除を受けられる制度です。

ふるさと納税をした自治体に書面を郵送するだけで、控除を受けることができます。

 

<ワンストップ特例制度の条件>

この制度を利用するには、2つの条件を満たしている必要があります。

①ふるさと納税以外に、確定申告をする必要がない。

→個人事業主、年収2000万円を超える所得者、医療費控除などで確定申告が必要な方は、利用することができません。

 

②ふるさと納税をする自治体の数が、1年間(1月〜12月)で5団体以内。

→ふるさと納税をする回数ではなく、自治体の数でカウントされます。同じ自治体であれば、何度ふるさと納税をしても1カウントです。

この場合、ふるさと納税は6回していますが、自治体は5団体なのでOK

 

 

<ワンストップ特例制度の申請方法>

「寄付金税額控除に関わる申告特例申請書」とマイナンバー(個人番号)および本人確認書類を、ふるさと納税をした自治体に送ります。

 

 

ふるさと納税をする都度、自治体に郵送する必要があります。1つの自治体に2回ふるさと納税をしたら、申請は2回必要です。

 

また、期限はふるさと納税をした翌年の1月上旬です。2018年の分は、2019年1月10日までに申請しましょう。

もし、期限に間に合わなかった場合は、確定申告をすれば寄付金控除を受けられます。

 

住民税をチェック

翌年6月頃に、現住所の自治体から住民税控除の書類が届きます。

ワンストップ特例制度を利用する場合は、住民税のみから控除されるので、住民税の部分を確認すればOKです。

ちなみに、確定申告をすると、所得税の還付と住民税の控除が行われます。結果的に控除される税金の金額は同じです。

 

ふるさと納税は、インターネットで簡単に申し込むことができ、「ふるさと納税ワンストップ特例制度」を利用すれば確定申告をしなくても寄附金控除を受けられます。

今後、ふるさと納税を通じた支援の輪は、ますます広がっていきそうです。

 

(執筆 久保井朝美、 撮影 森川創)

 

関連リンク:

▼ふるさとチョイス https://www.furusato-tax.jp/

▼さとふる     https://www.satofull.jp/

▼ふるなび     https://furunavi.jp/

ふるぽ      https://furu-po.com/

▼楽天ふるさと納税 https://event.rakuten.co.jp/furusato/

 

▼久保井朝美プロフィール

http://www.weathermap.co.jp/caster/kuboi-asami/

今注目されている記事

自己PR研究所
久保井朝美のお天気コラム

Let's Share! ⇒ twitter facebook はてなブックマーク

楽ニュ~オリジナルLINEスタンプ発売中!