楽しいニュースイメージキャラクター「キャロ」11月

楽しいニュース.com

世の中の明るいニュース、あつめました!

今日は何の日?

本日11月15日は…

2018.09.13話題・おもしろ

(アプリで)食べて痩せる あすけんダイエット

LINEで送る
Pocket

「痩せたい。でも、食べたい。」と思う方は多いのではないでしょうか?

食事管理系のダイエットアプリはたくさんありますが、その中でも老舗のアプリ「あすけん」。

 

 

しっかり食べて、健康的に痩せることを目指す、無料アプリです。

 

食事の写真を撮るだけで、AIを使用した画像解析で、カロリーと14種類の栄養バランスが分かり、即時に管理栄養士からアドバイスを受けられます。

登録しているユーザー数は、230万人を超えています。

 

 

あすけんを運営している株式会社ウィットの 神ひかるさんにお話を伺いました。

 

—– どんな経緯で、「あすけん」を開発することになったのでしょうか?

 

「食を通して健康な人を増やしたい」という思いで、開発をしました。

 

—– このアプリの特徴は何でしょう?

 

写真を撮るだけで、食事のバランスをチェックして、アドバイスを受けられることです。

1700人を超える管理栄養士のノウハウが集約されています。

 

 

アドバイスが機械的にならないよう、人らしくなるようにアルゴリズム化されています。

栄養バランスだけでなく、総合的な生活のバランスを指導してもらえます。

 

—– ユーザーは、どんな方が多いですか?

 

年齢層は20〜40代が多く、8割が女性です。ただ、最近は男性、特にビジネスマンのユーザーも増えています。理由は、食事を変えると仕事のパフォーマンスが上がるからだそうです。

 

—– 実際、どれくらい痩せられるのですか?

 

ユーザーデータの分析では、3ヶ月で平均3キロのダイエット効果があります。私も、あすけんで痩せました。

 

 

 

実は、神さんも あすけんユーザーの1人。ファッション関連の会社でOLをしていた時に、食事管理をしたいと思い、あすけんを使い始めました。

自分が摂取しているカロリーや栄養素を見える化することで、足りてないもの・摂り過ぎていたものがハッキリ分かりました。神さんの場合、食物繊維が足りていなかったので、キノコ類を多く食べるように心がけ、ビタミンをバランスよく摂取するために野菜の種類を増やしたそうです。

その結果、食事の量は増えたにも関わらず、体重は2ヶ月で3キロ痩せました。

 

 

自分のような若い女性で、無理なダイエットをしている人が多いことを感じていた神さんは、より多くの人が健康的に理想の体型を手に入れられるように「あすけん」を広めたいと思い、なんと転職をしたそうです。

 

—– 神さん以外のユーザーの体験談はありますか?

 

はい。20代の女性で、食べないダイエットをして体調を崩していた方が、アプリを参考にバランスを取れた食事に変えたところ、食べていても痩せたそうです。「こんなに食べてもいいんだ。」と驚いたと感想をいただきました。

他には、30代後半の女性で、半年で40キロ以上痩せたユーザーがいて、約90キロから約50キロになったそうです。男女ともに、大幅ダイエットに成功したユーザーがいます。

 

 

—– ダイエットを成功させる秘訣は何でしょう?

 

続けることが1番です。毎食記録するようにしましょう。文字入力だと面倒になりそうですが、あすけんの場合は写真を撮るだけで良いので、ハードルは低いと思います。食べる前に写真を撮る習慣をつけると良いでしょう。自分が1日にどれくらい食べていて、どんな栄養を摂っているのかを把握するだけでも意識が変わるのでダイエット効果があります。

 

—– でも、続けるのってなかなか難しそうですね。

 

続けるコツは、誰かと一緒に取り組むことです。友達や夫婦でも良いのですが、あすけんのアプリ内のSNS「みんなの日記」もおすすめです。「みんなの日記」でコミュニケーションを使用しているユーザーは、ダイエットの成功率が1.5倍というデータもあります。

 

—– どんな風に利用してほしいですか?

 

食習慣は2、3ヶ月で定着するといわれています。

まずは続けることを目標に、自分の無理ない記録方法で続けていただきたいです。
「〇〇をしなくてはいけない」といった決まりはないので、例えば、食事会・旅行の時は記録をしない日など、ストレスにならない「あすけんMyルール」を作ってい欲しいなと思っています。

 

 

実際に使ってみましょう。

今回測定するのは、こちらのお弁当です。

 

左上から時計回りに「キノコのソテー」「きんぴらごぼう」「ホタテの醤油焼き」。そして、雑穀米で作ったおにぎりです。

体に良さそうなラインナップですね。

 

まずは、写真を撮影します。

ポイントは、明るいところで、真上から撮ることです。

 

 

続いて、AIによる画像解析をします。

 

 

登録されている食品数は、なんと 11万件(メニュー)!

コンビニの商品や、外食チェーン店のメニューもあります。外食が多い方にも向いていますね。

 

さて、結果は?

 

 

意外にも、ミネラルやビタミンが不足していました。

野菜たっぷりでヘルシーに見えても、分析してみると栄養が足りてないことが分かりました。

そして、管理栄養士からのアドバイスを受けます。

 

 

ダイエット中でも、間食して良いんですね。なんだかホッとします(笑)

 

1食で完璧を目指すのではなく、1日あるいは1週間などで、トータルバランスをとることができれば良いそうです。

自分の食の中身を知ることが、健康的なダイエットの第一歩ですね。

ありがとうございました。

 

 

(執筆 久保井朝美、 撮影 森川創)

 

関連リンク:

▼あすけん

https://www.asken.jp/

 

▼久保井朝美プロフィール

http://www.weathermap.co.jp/caster/kuboi-asami/

今注目されている記事

自己PR研究所
久保井朝美のお天気コラム

Let's Share! ⇒ twitter facebook はてなブックマーク

楽ニュ~オリジナルLINEスタンプ発売中!