楽しいニュースイメージキャラクター「キャロ」12月

楽しいニュース.com

世の中の明るいニュース、あつめました!

今日は何の日?

本日12月14日は…

2018.11.17ご当地

「都立庭園紅葉めぐりスタンプラリー」に参加してきました!

LINEで送る
Pocket

紅葉が綺麗な季節になりました。

東京都内の庭園も少しずつ色づいてきて、いつもと違った景色を見ることができます。

そこで、今回は都立庭園をめぐりながらスタンプを集める「都立庭園紅葉めぐりスタンプラリー」に参加してみました。

 

「都立庭園紅葉めぐりスタンプラリー」は、9つの都立庭園のうち5庭園のスタンプを集めると先着 10,000名に「都立庭園カレンダー2019」がもらえるイベントです。

また、5庭園分のスタンプを集めて応募すると、抽選で庭園年間パスポートやお抹茶券などが当たります。

期間中ならいつでもよいので、自分の都合に合わせて参加できます。

今回は、都営大江戸線だけで行ける庭園5つ、「旧芝離宮恩賜庭園」「浜離宮恩賜庭園」「清澄庭園」「旧岩崎邸庭園」「小石川後楽園」を選びました。

 

まずは、大江戸線「大門」駅の「旧芝離宮恩賜庭園」です。

入口でスタンプラリーの台紙をもらいました。

入場料はPASMOで支払うことができ、都営線の一日乗車券を見せると割引料金で入れます。

あるいは、浜離宮恩賜庭園も行くのなら、縁結びチケットという割引チケットもおすすめです。

 

 

11月の中旬でしたが、すべてが紅葉しているわけではなかったです。

ですが、緑が残っていると、赤と緑が混ざってクリスマスカラーのようで、それも見応えがあるように思いました。

 

 

池の中央には、中島という小さな島があります。中国に伝わる不老不死の仙人が住む蓬莱島をイメージしたものだそうです。

昔は、海水を入れた潮入りの池だったそうですが、今は淡水の池で、鯉などの淡水魚が泳いでいます。

 

 

浜松町駅のすぐ近くですが、動物たちにとっては楽園のようです。

右の写真はカワセミでしょうか。都会の真ん中で見られるとは思いませんでした。

 

 

続いて、隣の駅「汐留」で降りて「浜離宮恩賜庭園」に行きました。徳川将軍家の庭園です。

こちらの庭園は、お天気の良い日はウユニ塩湖のように鏡張りの写真が撮れます。

周囲にあるビル、中央にある御茶屋、鳥までも反射しています。

 

 

紅葉するには寒暖の差が必要なので、日向にある木の方が紅葉しやすくなります。

こちらの大きな銀杏の木、黄金色で立派ですよね。

 

 

東京タワーも鏡張りの写真になります。

 

 

小高い山の上から撮影したレインボーブリッジ。キラキラしていて綺麗です。

 

 

芝生にミカンのようなものが落ちています。これはクネンボという柑橘類だそうです。

江戸時代、まだ大きなミカンがなかったときに食していたそうです。

 

 

こちらは何だと思いますか?

隙間から鴨の様子をのぞき込んで餌でおびき寄せ、鷹や網でカモを捕まえる猟法だそうです。

 

 

三百年の松。徳川六代将軍家宣が庭園を改修したときに植えられたそうです。圧巻です。

 

 

「浜離宮恩賜庭園」は、今回訪れた庭園の中で一番広い庭園だったので、写真を撮りながら、1時間くらいかけて回りました。デートスポットとしておすすめの庭園です。

 

次は、「清澄白河」駅で降りて、「清澄庭園」に行きました。江戸の豪商、紀伊国屋文左衛門の屋敷跡だそうです。

こちらの庭園では、スカイツリーが見えます。

 

 

石の庭園として有名で、全国から集められた石があちらこちらに置いてあります。

 

 

中央の涼亭は、数寄屋造りの建物で、東京都剪定歴史的建造物に指定されています。

中に人がいたので入れるのかと思ったのですが、予約制のようです。

 

 

この庭園で一番高い築山「富士山」。

山頂の近くに灌木類を数列横に配置して富士山にたなびく雲を表現しているそうです。

 

 

次は、「上野御徒町」で降りて「旧岩崎邸庭園」に行きました。

上野御徒町から不忍池方面に向かって10分ほど歩きます。

「旧岩崎邸庭園」は、三菱財閥岩崎家の建物を整備した庭園です。

 

 

フラッシュをオフにすれば写真OKということで撮らせていただきました。

ため息がでるほどの豪華なお屋敷でした。

 

 

洋館だけだと思っていたら、和館もありました。やはり、天下の豪商も畳の部屋が落ち着くのでしょうか。

撞球室(ビリヤード場)があったり、綺麗な芝の庭園があったりと、岩崎家のすごさを実感しました。

 

 

最後は、「飯田橋」駅近くの小石川後楽園。

徳川光圀ゆかりの庭園です。意外と知られていないのですが、東京ドーム、後楽園遊園地の横にあります。

5つの庭園の中で、ここが一番紅葉していました。写真の奥にあるのは、東京ドームと東京ドームホテルです。

 

 

田んぼもあります。光圀が夫人に農民の苦労を教えるために作ったそうです。

現在は文京区内の小学生が田植えを行っているとのこと。

 

 

こちらは円月端。水面に映ると満月のように見えます。面白いアイデアですね。

 

 

こちらは、京都嵐山を流れる大堰川をイメージして作られたそうです。

奥の赤い橋は通天橋。スマホのカメラアプリで撮るとインスタ映えする写真が撮れるのでおすすめのスポットです。

 

 

屏風のような形をしている屏風岩と中国の西湖をイメージした西湖の堤。

 

 

途中お昼をはさんで約5時間で5つの庭園を回りました。

最後の庭園でスタンプ台紙を見せて、確認印を押してもらい、都立庭園カレンダー2019を頂きました。

 

 

今回は大江戸線で回れる5庭園でしたが、他にも絶景を楽しめる庭園があります。

11月から12月初めは紅葉のピークになるので、スタンプを集めながら回ってみてはいかがでしょうか。

 

(撮影・執筆 桃山とまと)

 

都立庭園紅葉めぐりスタンプラリー

 

開催期間:2018年11月3日(土)~12月9日(日)

場所:六義園、向島百花園、小石川後楽園、旧古河庭園、旧岩崎邸庭園、旧芝離宮恩賜庭園、殿ヶ谷戸庭園、浜離宮恩賜庭園、清澄庭園

https://www.tokyo-park.or.jp/event/41581.html

 

 

今注目されている記事

自己PR研究所
久保井朝美のお天気コラム

Let's Share! ⇒ twitter facebook はてなブックマーク

楽ニュ~オリジナルLINEスタンプ発売中!