楽しいニュースイメージキャラクター「キャロ」12月

楽しいニュース.com

世の中の明るいニュース、あつめました!

今日は何の日?

本日12月14日は…

2018.12.04話題・おもしろ

杉山 愛さんもおすすめ! とんかつ新宿さぼてんの とろけるとんかつ「SaboRED」

LINEで送る
Pocket

 

とんかつ新宿さぼてん から新ブランドポーク「デュロック豚」を使った とろけるとんかつ「SaboRED(サボレッド)」が 12月1日より発売されました。

その新商品発表会の様子と、ゲストの元プロテニスプレーヤー 杉山愛さんへの独占インタビューの模様をお届けします。

 

「SaboRED(サボレッド)」

 

美味しくヘルシーなとんかつを提供されている創業51年の新宿さぼてん。

油の吸収を抑えるために きゃべつを先に食べることを推奨したり、胡麻を香りを楽しむ食べ方は 新宿さぼてんが発祥だそうです。

国内外に520店舗以上を展開されています。

 

グリーンハウスフーズ 成尾 広光さん

 

「勝負前」「試合前」「ゲン担ぎ」、「パワーフード」の食事、家族が集まる大事な日、「ハレの日」のごちそうとして、新商品が開発されました。

 

 

それが、スペイン産の希少性の高いブランドポーク『純粋デュロック豚(あか豚)』を使用したとんかつ、「SaboRED(サボレッド)」。

 

 

スペイン語で、旨み・濃厚・深い味わいを意味する“sabrosso”(サブロッソ)に、“さぼてん=Saboten”と“赤毛のデュロック=RED”をかけて命名。

 

グリーンハウスフーズ 萩原 樹里さん

 

生ハムの豚肉ロースとしてスペインで使用されているデュロック豚 約6万頭は、飼育量がイベリコ豚 約56万頭の10分の1とも言われる希少性の高い品種。

 

 

赤身とサシの絶妙なバランスが特長で、保水性も高く、とんかつとしての相性もバツグン。

舌の上で素早くとろけて旨みと深いコクが広がる、“とろける旨み”が楽しめるそうです。

口どけの良い脂の甘みとやわらかく、ジューシーな肉質が特徴。

一般的な豚肉よりも脂の溶ける融点が低く、融点は人間の体温より低い32℃。

そのため、口に入れた瞬間にとろけるお肉。2年半をかけて商品化されたそうです。

 

杉山 愛さん

 

ゲストの元プロテニスプレーヤーの杉山 愛さん(以下、杉山さん)が新宿さぼてんの制服を着て登場。

グリーンハウスフーズの近藤さんにサポートしてもらいながら、新商品の調理にチャレンジされていました。

 

「デュロック豚の赤身の部分とサシの部分がすごくきれいで、調理する前から美味しそう(笑)」(杉山さん)

 

 

調理の工程は、

・塩コショウを1,2,3とまんべんなくつける

・小麦粉、卵、パン粉の順番でつける

・パン粉は、剣立ち(けんだち)と言って、ツンツンと立っている衣になるように、押して、曲げて、いち、にい、さんとつける

 

 

このSaboREDは、お塩を付けていただくのがおすすめということで、杉山さんもまずは、お塩を付けて賞味されていました。

「美味しそうなきれいなピンク色! お塩でいただくのは初めてです。」

「サクッと食べたあと、ジューシーで、すぐにとろけていきます。お塩、合いますね。」

 

 

次は、胡麻をすって、ソースを入れて賞味されてました。

「胡麻の香りとともに、お塩とは違った味が楽しめて、2度美味しいですね。」

「主人は とんかつが大好きなので、SaboREDを早く食べさせてあげたいです。」

 

杉山さんととんかつの妖精「サクサクかつモン」

 

杉山さんが食べていると、とんかつの妖精「サクサクかつモン」が突然登場。

サクサクかつモンと一緒に音楽に合わせて、杉山さんも踊っていました。

 

「現役時代、海外に遠征に行った際も日本食レストランでとんかつを注文しましたし、日本に戻って、元気が欲しいというとき、自分にカツを入れるというときに食べていました。豚肉は体に良いので、スポーツ選手には欠かせません。」

「受験シーズンで勉強をがんばっているお子さんやご家族の方にゲン担ぎのためにも食べていただきたいですね。新宿さぼてんのレストランだけでなく、デリカでも買えるのは、主婦とっても嬉しいので、特別な日、ハレの日の食卓にもう1品、使えると思います。」

 

自己採点で100点満点の出来栄えで、ご満悦の杉山さん

 

杉山さんが作ったとんかつもしっかり剣立ちしていました。

 

楽しいニュース.com のイメージキャラクター キャロのトートバックをプレゼントしました。

 

記者発表後に、楽しいニュース.com のために特別に杉山さんにお話を伺うことができました。

 

—– 子供の頃に食べた とんかつの思い出は何かありますか?

 

とんかつは母がよく作ってくれていました。

子供の頃は、食が細かったのですが、とんかつの時はテンションが上がりました(笑)

美味しいだけでなく、豚肉はスポーツ選手には欠かせない栄養素 ビタミンB群が入っていて、疲労回復に有効ですので、よく食べていました。

 

—– 食べ物に対するこだわりは何かありますか?

 

バランスよく食べることを心がけています。

新宿さぼてんでも、まずはキャベツを食べるように、たんぱく質だけでなく、炭水化物、ビタミン、ミネラルとバランスよく食べることが、強い体を作るために重要です。

母もその点を考慮して食事を用意してくれました。だからこそ、ケガをしない元気な体ができたと思います。

私も母になって、子供に与える必要な栄養をたとえ1食でまかなえなくとも、1日を通してバランスよく与えられるように常に心掛けています。

 

—– 現役時代、スポーツをする前と、スポーツをした後で意識して食べていたものはありますか?

 

試合前や練習直前は、すぐにエネルギーに変わるものがよいので、ごはんやパスタのような炭水化物を多めにとるようにしていました。

試合後や練習後は、疲労回復に効果があり、筋肉を作るようなお肉、たとえば、とんかつのような良質なたんぱく質をとるようにしていました。

 

—– 最後に一言、お願いします。

 

私は、赤ワインが好きなので、信じられないぐらいサクサクでジューシーなSaboREDは、赤ワインと一緒に食べたいと思っています。

ちょっと特別感のあるときや がんばった自分にご褒美をするときにぜひおすすめです。

 

—– ありがとうございました。

 

 

(執筆・ 撮影 森川創)

 

関連リンク:

▼とんかつ新宿さぼてん

https://shinjuku-saboten.com/

▼“千金一刻”のプレミアムな日本の肉料理店 「覇王樹さぼてん」
https://tanonews.com/?p=14012

▼杉山愛オフィシャルサイト

http://www.ai-sugiyama.com/

 

 

今注目されている記事

自己PR研究所
久保井朝美のお天気コラム

Let's Share! ⇒ twitter facebook はてなブックマーク

楽ニュ~オリジナルLINEスタンプ発売中!