楽しいニュース.com

世の中の明るいニュース、あつめました!

今日は何の日?

本日8月17日は…

  • 1982年
    ABBAの『The Visitors』が世界初のCDとして製造される。
  • 1948年
    日本のプロ野球史上初の夜間試合(ナイター)が行われた

2019.04.21ご当地, 話題・おもしろ

「パエリア・タパス祭り in 日比谷公園」に行ってきました

LINEで送る
Pocket

 

春のすがすがしい陽気が続いていて、各地でいろいろなイベントが開催されているようですね。

今回は、青空にふさわしいイベント、「パエリア・タパス祭り」に行ってきました。

場所は、東京の日比谷公園。イベント初日で、開始 11時直後はお客さんが少なかったのですが、お昼近くになると、会社員や学生、年配の方など、たくさんの人が集まってきました。

 

 

こちらは 250人分のパエリア。2週間前にスペインから鍋を取り寄せたそうです。

赤と緑はパプリカ、白はいんげん豆、緑はカットいんげんで作られています。黒い文字はオリーブの実。

椅子の上に乗ると、真上から見ることができます。まるで絵画のようで、パエリアとは思えないですよね。

スタッフの方に「こちらも買って食べられるのですか?」と聞いてみたら、「今日はオブジェとして置いているので、、、」とおっしゃっていました。

 

 

今回のイベントは、全国のスペイン料理店やカフェ・バルなどが参加する「第 3回全国パエリア選手権」と、アイデアやセンスで独創的なタパス料理を競う「第 2回全国タパス選手権」も兼ねています。「味」「見栄え」「プライス」を考慮して、イベントに出店しているお店の中から審査委員が決めます。

こちらは、パエリア部門2年連続優勝の「BAR espana」。今年は、「北海道産ホタテとカニの古代米の赤パエリア」で勝負だそうです。

 

 

古代米のパエリアとはどんなものなのかと思って買ってみました。普通のお米より歯ごたえがあり、カニ肉が入っていてとてもおいしいです。イクラもたっぷりで贅沢。古代米ですから健康にも良さそうですね。

 

 

行列が出てきたのはこちらのお店。「El Chateo エル・チャテオ銀座」の「カニ!!かに!!カニ!!極上パエリア」。

カニがたくさん入っていると聞いたら食べたくなりました。

単にカニが混ざっているだけでなく、カニみそをふんだんにいれて炊き上げたそうです。

上にのっているイクラがアクセントになっていて見た目も綺麗ですね。

口の中に入れるとカニの身がほろほろとし、カニみその風味も広がり、とてもおいしかったです。はさみと足の部分にも蟹肉がたっぷりでした。

 

 

お隣の「銀座びいどろ」さんは、「フィデワ de ガンディア」という細いパスタのパエリアです。「El Chateo エル・チャテオ銀座」とお会計が一緒なので不思議に思っていたら、同じ系列のお店だったようです。

 

 

タパスのお店ものぞいてみました。錦糸町にある「鎌倉やさいとワインのお店 作”~ざく~」。

お品は、「サンセバスチャ仕込み チーズステーキピンチョス」。

撮影の許可を得て撮らせていただき、お話も伺うことができました。
前回の選手権で優勝は逃したもののファイナリストだったそうです。

ここで優勝するとスペインに行けるということで今回は優勝したいとのこと。

フランスパンの上にのっているお肉が柔らかく、チーズフォンデュをからめていただいたら、とてもおいしかったです。

今回は優勝を狙えるのでは?
作さん、お忙しい中ありがとうございました。

 

 

さて、14:00になり審査発表の時間になりました。果たして、優勝はどのお店になるでしょうか。

まずは、パエリア部門の発表です。優勝は、「銀座びいどろ」の「フィデワ de ガンディア」。

長い行列ができていたのは、皆さんこちらがお目当てだったのかもしれません。

このお料理は、お店でも出しているとのことなので、ご興味がある方は行ってみてはいかがでしょうか?

 

 

そして、タパス部門は、「スペイン料理パブロ」の「神の海老 パリパリ堤上げトリュフソース」。
見た目がおいしそうだったので、これは食べておかなければと思い、買ってみました。

大きな海老に「カダイフ」という細い麺のようなものを巻き付けて揚げてあります。

そして、トリュフソースを付けていただきます。さくさくとした歯ごたえと大きな海老 2尾がたっぷり、そして濃厚なトリュフソースを付けていただきます。

これで 600円なので、おそらく審査の対象となる、「味」「見た目」「プライス」の 3点を網羅していたことが勝因だったのではないでしょうか。

 

 

昨年優勝の「BAR espana」さんのパエリアも、「鎌倉やさいとワインのお店 作”~ざく~」さんのタパスも、本当においしかったですし、他のお店も作っているのを見ていたら、どれも食べたくなるお料理でした。機会あったら、直接お店に伺って食べたいと思います。

帰りに、日比谷公園内に咲いているネモフィラのお花の写真を撮りました。風が吹くと青い花がゆらゆらと揺れてとても綺麗でした。もうしばらく楽しめそうですよ。

便利な場所なので、皆さんも見に行ってみてはいかがでしょうか。

 

 

◆パエリア・タパス祭り
場所: 東京・日比谷公園
開催日時:

4月19日(金)11:00~20:00
4月20日(土)10:00~20:00
4月21日(日)10:00~18:00
入場料:無料
主催:日本パエリア協会/パエリア・タパス祭り2019実行委員会

https://ptfes.info/

参加チーム:

<パエリア部門>
銀座びいどろ「フィデワdeガンディア」
El Chateo エル・チャテオ銀座「カニ!!蟹!!カニ!!のパエリア」。
Hokkaido Paella 「北海道シーフードパエリア」
五ノ神米店「スモークチキンパエリア」
潜水艦「濃厚海老出汁 海鮮パエリア」
BAR espana「北海道ホタテとカニの古代米の赤いパエリア」
宅配パエリアのビバパエリア「牛ステーキのパエリア」

<タパス部門>
らじっく「広島牡蠣のフリッター アリオリソース添え」
スペイン料理パブロ「神の海老 パリパリ堤上げトリュフソース」
ヴィルゴビール「カキと春菊のコカ」
鉄板ダイニングだんらん「エビたっぷりアヒージョ」
鉄板ミートバル「燻製鴨のステーキ」」
鎌倉やさいとワインのお店作”~ざく~「サンセバスチャン仕込みチーズステーキビンチョス」
ホタテカンパニー「ホタテの白ワイン焼き」

 

(撮影・執筆 桃山とまと)

今注目されている記事

自己PR研究所

Let's Share! ⇒ twitter facebook はてなブックマーク