楽しいニュース.com

世の中の明るいニュース、あつめました!

今日は何の日?

本日7月23日は…

  • 1959年
    ミス・ユニバース・ジャパンの児島明子が米国で行われた第8回ミス・ユニバース・コンテストでアジア人として初めて優勝

2019.05.16癒し系・女子向け

着回しコーデ モデル・女優 藤澤 友千菜さん (夏~秋編)

LINEで送る
Pocket

藤澤 友千菜さん

 

着回しコーデの第2弾は、楽しいニュース初登場のモデルで女優の藤澤 友千菜(ふじさわ ゆちな)さんに紹介してもらいました。(以下、友千菜さんと記載)

友千菜さんご自身の私服を持参してしてもらい、解説してもらいました。

 

 

—– まずは、楽しいニュースの初登場の友千菜さんがモデルになったきっかけから教えていただけますか?

 

小学校 6年生のときに雑誌「セブンティーン」のモデルにあこがれて、やりたいと親に言ったのですが、父にまだ早いと諭されました。20歳のとき結婚式場でブライダルの仕事に就いて、3年間働いていました。でも、子供の頃にあこがれていた夢が諦められず、人生一度きりだから挑戦したいと思い、「モデル事務所のオーディション」と検索をしたときに、検索結果の一番トップに表示されていたのが、今の事務所サトルジャパンでした(笑)

ちょうどそのオーディションの締め切りが明日となっていたので、勢いで応募しました(笑)

合格したあとで、社長からは 人懐っこい感じが良かったと言ってもらえました。

 

 

—– モデルになってから、これまでに行ってきたことを短くまとめて教えていただけますか。

 

Web広告のファッションサイトのモデルや4年間 FLEXという車のイメージガールをさせていただいたり、昨年からは 哀川翔さんのラリーチームのレースクイーンをさせていただいたりしています。あとは、舞台をしています。

 

 

—– 女優さんも始められた経緯を教えていただけますか。

 

女優としては、3年目になります。

大きなきっかけとなったのが、2015年のテレビ朝日さんの夏祭り会場で行われていたお化け屋敷「喬子(きょうこ)の哭(な)く家」です。その喬子役のモデルとして抜擢されて、ポスターなどに掲載されたのですが、PR動画も作るということになり、初めて演技にも挑戦しました。まわりの出演者は実績のある俳優さんたちの中、私はまったくの初体験ということもあり、思うように演じられなくて悔しいという気持ちもあって、そこから舞台にもチャレンジしました。

最初の舞台は、ついていくだけでも必死で、パニックでした(笑)

その後、コンスタントに役をいただけるようになり、2、3カ月に1回のペースで舞台にも立たせていただいています。

今年は、モデルのほうにも少し力を入れていきたいと思っています。

 

 

—– 友千菜さんにとって、ファッションはどういうものですか。

 

昔からお洋服は大好きで、高校生の頃は、古着も好きで、きれい系も古着も幅広く、どっちも好きです(笑)

その日の気分で、服によって、メイクも変えたりしています。

今なら、Tシャツ 一枚にスキニージーンズもありだと思うのですが、学生時代は、そういうシンプルなのが嫌いで、どこかにポイントを入れたいって思って、スカーフをガラガラにしたり(笑)

当時は、とにかく独自路線の「藤澤流」を貫いていました。派手な色・柄が好き、みたいな(笑) マリメッコでも黄緑色にピンクや黄色の花の柄とか普通よりもちょっと変わったものが好きでした。今は少し落ち着いてきました(笑)

友達に「(友千菜は)絶対にシンプルなものが似合う」ってすごく言われて、スキニーとか履くようになったら、評判がいいんで、シンプルスタイルと派手なものと、半々にしてます。

 

ブライダルの仕事をしていた時に新婦さんにいろいろなウェディングドレスを提案していたのですが、新婦さん本人の「希望」と「似合うもの」が違うということをスタッフとしてすごく実感しました。第三者の意見を素直に受け入れようと思うようになりました。

 

 

—– ここからは、今日、持ってきていただいた服の着回しについて、紹介していただきますか。

 

大好きな服が多すぎて、今日の紹介用に服を絞り込むのが大変でした(笑)

 

トップス:REDYAZEL(約6.000円) スカート:snidel(約7.000円) ベルト:SLY(約4.000円)

 

「大人レトロ」の中で、可愛さや遊び心を取り入れてみました。

水玉フリルの白に、黄緑のロングのタイトめなスカートで、ラインは大人な感じの中に色味で可愛らしさを出しています。

男性にはよくチャンピヨンベルトって言われるんですが、今年の流行です(笑)

元々レトロ系が好きで、最近またレトロが流行っているから、私の大好きな時代がやってきたと思っています(笑)

 

 

トップス:REDYAZEL(約6.000円) スカート:snidel(12.000円)

 

上のブラウスが可愛いので、下のスカートはスリットの入ったものでちょっと大人っぽくしてみました。

光沢のロングスカートは今年の流行です。

 

ワンピースですが、下が開いているので、いろいろと合わせるものによって雰囲気が変わるんです。

モスグリーンが元々落ち着いた色なので、中の色を変えることで季節感を出します。

 

トップス:rienda (6.980円)  デニム: moussy (約13.000円)  ベルト:Avan Lily(1.980円)

 

ベルトを付けることで、アクセントにもなりますし、ウエストが細く見える効果もあります。

 

パンツ:EVRIS(約7.000円) ベルト:(不明)

 

個人的にはこのワンピースには茶色の組み合わせが好きです。

裾が広がっているちょっとレトロなパンツも流行っています。

一言でいうと「レトロかっこいい」系です。

 

中のワンピース:rienda(約9.000円)

 

続いて、ワンピース イン ワンピースです。

今年は 茶系のワントーンコーデが流行ってて、茶色合わせが多いです。

変形型のスカートにレトロシックなスカートの組み合わせです。

 

レトロ3姉妹の3番目は、黒を加えて落ち着いた雰囲気で、秋口に合うコーデです。

 

トップス:snidel(11.000円) スカート:snidel(12.000円) スカーフ:(不明)

 

茶系のワントーンコーデです。下がロングで大人っぽく、上も無地でシンプルなので、スカーフを巻いて、大人っぽさを出しつつ、フリルで可愛さも出して調和をはかっています。

 

 

トップス:Lily Brown(約8.000円) スカート:Lily Brown(12.200円) ネックレス:Rose bat (約4.500円) ブレスレット:AGATHA(約10.000円)

 

テーマは「ザ・夏 トロピカル」です。初夏をイメージしています。後ろが開いています。

袖がバルーンになっていて、これも今年の流行です。

 

 

トップス:snidel(11.000円) デニム:moussy(約13.000円) スカーフ:Lattice(1.000円) イヤリング:Lattice(300円)

 

ネックレス:Lattice(300円)

 

テーマは、「大人アクティブ」。友達と屋外でアクティブなことをするときのコーデです。

シンプルなので、小物を使います。今回は、スカーフを頭に巻いてみました。

 

トップス:a.g.plus(1.900円) スカート:a.g.plus(3.500円)

 

テーマは「大人の女性のデート」。表参道でカフェとかでまったりとデートしているイメージです(笑)

これは細いベルトを付けました。

 

—– 紹介してもらった服を実際に友千菜さんに組み合わせて着てもらいました。

 

 

 

 

 

—– 最後に友千菜さんがこれからやってみたいことはありますか?

 

レポーターをやってみたいです。そういうお仕事があったら、ぜひ事務所に連絡してほしいです(笑)

また、現在、17ライブをやっていますが、実際にみなさんとお会いできるオフ会やファンミーティングのようなこともやってみたいと思っています。

 

—– 友千菜さん、ありがとうございました!

 

友千菜さんの舞台出演スケジュールです。舞台の内容は、笑いあり・涙ありのスクランブルフルコメディです。

興味を持たれた方は、観劇してみてはいかがでしょうか。

 

 

(クリックすると拡大表示されます)

 

公演日程: 2019年5月28日(火)~6月2日(日)
公演場所: 中野テアトルBONBON
お問合先: 劇団ノーティ―ボーイズ制作部

http://naughtyboys2015.wixsite.com/naughtyboys

 

(出演 藤澤友千菜、執筆・ 撮影 森川創)

 

関連リンク:

▼Natu-Mo 藤澤友千菜

http://natu-mo.jp/models/aoyama/100

▼藤澤友千菜インスタグラム

https://www.instagram.com/yuchina1207/

▼藤澤友千菜 17ライブ

https://17.live/profile/r/2028428

▼藤澤友千菜オフィシャルブログ「yuchina’s blog」

https://ameblo.jp/cherry-070224/

▼藤澤友千菜twitter

@yuchina1207

 

今注目されている記事

自己PR研究所

Let's Share! ⇒ twitter facebook はてなブックマーク