楽しいニュース.com

世の中の明るいニュース、あつめました!

今日は何の日?

本日7月23日は…

  • 1959年
    ミス・ユニバース・ジャパンの児島明子が米国で行われた第8回ミス・ユニバース・コンテストでアジア人として初めて優勝

2019.06.20ご当地, 癒し系・女子向け

藤澤友千菜プレゼンツ 表参道スイーツ巡り 後編

LINEで送る
Pocket

 

表参道スイーツ巡り 前編」に続いて、モデル・女優の藤澤友千菜さんが表参道のスイーツを巡る続編です。

 

PARLA LABO(パーラ ラボ)

 

友千菜さんが続いて向かったのは、PARLA LABO(パーラ ラボ)。クレープのお店です。
メニューは、シンプルに4のみ。「ピスタチオ」、「ビターショコラバナナ」、「イチジクとブルーチーズ」、「焼きメレンゲと生クリーム」。
「ピスタチオ」は、ピスタチオマスカルポーネとグリオット、バニラ蜂蜜と生クリーム、
「ビターショコラバナナ」は、バナナとチョコレートソース、コーヒークランチ、生クリームとトンカ豆、
「イチジクとブルーチーズ」は、イチジクの赤ワイン煮、ブルーチーズ、生クリーム、くるみ、
「焼きメレンゲと生クリーム」は、焼きメレンゲと生クリーム、練乳が入っています。

 

 

今回は、「ピスタチオ」と「ビターショコラバナナ」をいただきました。

 

—– この PARLA LABO は、前からご存知だったのですか?

 

1年半ぐらい前にインスタグラムで見つけました。
たまたまその時にピスタチオにハマっていて、ピスタチを使ったクレープに惹かれて、外苑前の PARLA 本店に行きました。
本店のほうは、クレープの種類も豊富で、お酒を使ったクレープなどもあります。
普通のクレープは最後は皮だけになってしまうのですが、このクレープは、具材が最後までパンパンに入っていて、最後まで皮も残さずにしっかり食べられます。
甘すぎず、重くないので、本店のほうは、3,4回は行きました。こちらの表参道のお店は、今回で 2回目です。

 

 

—– お味はいかがですか?

 

「ピスタチオ」は、程よい甘さですね。
ラズベリーに似た味のグリオットの酸味や軽い苦みが甘いピスタチオの生クリームとうまくミックスされていて、後味がすっきりとしています。
甘ったるくなく、上品な甘さなので、飽きずに食べられる大人なクレープです。

 

※実は、友千菜さんは、バナナが苦手ということで、「ビターショコラバナナ」は編集スタッフがいただきました。

味は、コーヒークランチのビターな味が、バナナや生クリームの甘さを引き締めてくれます。
こちらも甘さが控え目なので、大人が楽しめるクレープですね。

 

 

クレープを食べていると、ディズニーランドに行っている気分になります(笑)

 

—– ディズニーランドにはよく行くのですか?

 

雰囲気が好きで、年に何回かは行っています。
ダッフィーちゃんが大好きなので、行くと毎回、入園すると真っ先にダッフィーちゃんのグッズを買ってます(笑)
10代の頃は、ディズニーカチューシャを付けることを冷ややかな目で見ていたのですが、20代になってからは、そんなことができるのは夢の国でしかできないのだから、行ったときはとことん楽しもう!って思うようになりました。
友達とテーマを決めて、お揃いのTシャツなどの服を着て、お揃いのディズニーカチューシャを付けて、楽しんでます(笑)
異空間が楽しいと思えるようになりました。

 

 

お店の紹介
▼PARLA LABO パーラ ラボ
https://retty.me/area/PRE13/ARE23/SUB2302/100001389784/

 

続いて、友千菜さんが向かったのは、BOTANIST Cafe(ボタニストカフェ)です。

 

BOTANIST Cafe

 

1階は「BOTANIST」をはじめとしたナチュラル系ブランドブランドショップで、カフェは2階にあります。
店内のいたるところに植物がディスプレイされていて、どこを切り取っても写真映えする雰囲気です。

 

 

—– BOTANIST Cafe を選んだ理由は?

 

ここの前を通るたびに行きたいと思っていたのですが、いつも混んでいてなかなか入れませんでした。

今回選んだのは、「ボタニカルモクテル ビタミンカリブ」と「ボタニカルモクテル キウイモヒート」。

 

左 「ボタニカルモクテル キウイモヒート」 右 「ボタニカルモクテル ビタミンカリブ」

 

—– 選んだドリンクの感想はいかがですか。

 

「ボタニカルモクテル ビタミンカリブ」は、底の青い色は、ブルーハワイみたいに見えますが、グレープフルーツがしっかりした酸味です。

 

 

上にはオレンジのゼリーです。この色味は、写真映え、インスタ映えしますね。
BOTANISTの黒いロゴもしっかり浮き出ますし、お花を浮かばせているのもおしゃれですし、凍らせたレモンスライスも解けてきたら、ジュースに混ぜて違った味わいも楽しめますね。

 

 

「ボタニカルモクテル キウイモヒート」は、文字通り、キウイの果実が入ったモヒートのサイダー。

キウイの甘酸っぱさと炭酸で爽やかなドリンクです。

 

—– ありがとうございました。

 

(出演 藤澤友千菜、執筆・ 撮影 森川創)

 

関連リンク:

▼Natu-Mo 藤澤友千菜
http://natu-mo.jp/models/aoyama/100

▼藤澤友千菜インスタグラム
https://www.instagram.com/yuchina1207/

▼藤澤友千菜 17ライブ
https://17.live/profile/r/2028428

▼藤澤友千菜オフィシャルブログ「yuchina’s blog」
https://ameblo.jp/cherry-070224/

▼藤澤友千菜twitter
@yuchina1207

今注目されている記事

自己PR研究所

Let's Share! ⇒ twitter facebook はてなブックマーク