楽しいニュース.com

世の中の明るいニュース、あつめました!

今日は何の日?

本日9月17日は…

  • 1964年
    東京浜松町-羽田空港間に日本初の旅客用モノレールが開通

2019.08.28話題・おもしろ

今でしょ!の林 修先生が “野菜の素晴らしさ” を熱弁! 8月31日は「やさいの日」

LINEで送る
Pocket

左 新津 ちせちゃん  右 林 修先生

 

8月31日はやさいの日!ということで、 全国農業協同組合中央会(JA全中)が、この「やさいの日」をきっかけに、国産野菜をもっと知って、好きになって、美味しく、食べてほしいという願いを込めて、「知って食べればもっと好きになる!JAやさい体験!」(8月28日(水)~31日(土))を開催。

初日の 28日(水)には、「いつやるか? 今でしょ!」でお馴染みの林 修先生(以下、林先生)による「特別授業」を開催されましたので、取材してきました。

 

 

 

野菜が大好きで、全国から取り寄せてまででも様々な野菜を食べているという林先生に「野菜の知識」と「野菜を楽しく食べる方法」など、実際にステージ上で、「野菜の実験」をしながら授業形式で教えていました。

 

 

ゲストの生徒として、この秋公開予定の映画『駅までの道をおしえて』で初主演の人気子役 新津 ちせちゃん(以下、ちせちゃん)が登場。
ちせちゃんのパパは、アニメ映画『君の名は。』や現在公開中の『天気の子』の新海 誠監督です。

 

 

授業の前に、ちせちゃんが林先生の野菜摂取量が足りているかどうかをセンサーとタブレットを使ってチェック。

林先生の結果は、、、 7.9。ちせちゃんは 足りてると言ってくれましたが、林先生は、日ごろから野菜をたくさん食べているのになぁとちょっと不満そう(笑)

 

 

いよいよ授業の開始です。林先生から、ちせちゃんにピーマンに関する質問です。

 

 

林先生によると、苦いものは体に毒のものがあって、成長途中の子供に苦いものや酸っぱいものは苦手なのは当然なんだそうです。

そして、だんだん食べているうちに慣れてきたり、工夫して苦みを感じないような料理にすることで大人は食べられるようになるそうです。

 

 

今度は、林先生から ちせちゃんに、ピーマンが熟すとどうなるか?という質問をしていました。

ちせちゃんは、正解を答えていました。優秀ですね。正解は、この記事の最後に記載しますので、ぜひみなさんも考えてみてください。

 

今度は、ちせちゃんから 林先生に質問です。

 

 

林先生は、見分け方を実験で、教えてくれました。

 

 

ご覧のように、甘いトマトは水に沈み、そうでないトマトは、水に浮かぶそうです。

でも、買う前のトマトをスーパーで水に浮かべたりしないように注意していました(笑)

 

他の野菜も水に浮かぶか、いろいろと水に入れて試してみました。

 

 

 

ちせちゃん、赤いパプリカと黄色いパプリカを入れるときに、高いところから手を離したので、、、、

 

 

水しぶきが飛び散って、林先生も思わず「オー、ノーッ!」(笑)

 

 

甘いトマト以外の、土の中に出来る野菜、さつまいもやニンジンは水に沈み、地上にできる野菜は空気を含んでいるので一般的に水に浮くそうです。

 

左 JA全中 常務理事 石堂真弘さん

 

石堂真弘さんのお話によると、高島屋でのイベントの他に、DELISH KITCHEN(デリッシュキッチン)でレシピ動画を公開したり、JR品川駅構内のエキュート品川で期間中 「やさいの日特別まるしぇ」を開催しているそうです。

 

高島屋の会場には巨大なナスやトマトのオブジェも!

 

新宿髙島屋の会場では5つの無料野菜体験イベントが楽しめます。(下記参照)

 

知って食べればもっと好きになる!JAやさい体験!

 

日程:  8月28日(水)~8月31日(土)

場所: 新宿髙島屋 (1階、2階、地下1階食料品売り場、および、8階カフェテリア)

 

・B1階 食料品売場では、特別なお野菜やお惣菜を販売

・8階 カフェでは、野菜特別メニューが登場

 

各種イベント(1階JR口 イベント会場):
①ベジチェック体験コーナー:皮膚の“カロテノイド量”を計測、野菜摂取の充足度がわかります。
②ベジフルブーケ手作りコーナー:旬な野菜でブーケを作り。ブーケは持ち帰ってお料理に!
③切れ端野菜でスタンプトートバッグ作り:野菜の切れ端で、スタンプしながらミニバッグ作り。
④野菜収穫体験ステージ:野菜のなり方や収穫の仕方が学べます。

※上記 野菜にふれあうイベントは、28日・31日のみ開催(無料)

 

文中に登場したクイズの正解発表です。熟したピーマンは、赤い色になる、でした。

 

(執筆・撮影: 森川 創)

今注目されている記事

自己PR研究所

Let's Share! ⇒ twitter facebook はてなブックマーク