楽しいニュース.com

世の中の明るいニュース、あつめました!

今日は何の日?

本日12月6日は…

2019.11.13科学・IT, 話題・おもしろ

実は、スーパー食材だった! ピーナッツパワーで元気になろう!

LINEで送る
Pocket

 

アメリカンピーナッツとピーナッツバターなどの加工品と関連書籍

 

11月11日、ピーナッツの日に『アメリカンピーナッツ協会主催 ピーナッツパワーで元気になろう』というイベントが開催されました。

 

左から アメリカンピーナッツ協会 駐日代表 天野 いず美さん、学術博士 佐藤 秀美先生、デーブ・スペクターさん、アメリカンピーナッツ協会 シニア・バイス・プレジデント ステファニー・グルネンヴェルダーさん

 

アメリカンピーナッツ協会 駐日代表 天野 いず美さんによると、早稲田大学で アメリカのピーナッツバターを使った ”50円朝食” を期間限定で提供し、また、新日本橋のカフェ muromachi café HACHI でもアメリカンピーナッツを使用したコラボメニューも展開し、渋谷の ゆるり屋渋谷道玄坂店では、発酵ピーナッツ鍋を提供開始しているそうです。

さらに、楽しいニュースではすっかりおなじみの 新宿高野では、フルーツとピーナッツを使った料理のセミナー形式のサロンを12月2日、3日に開催するそうです。

 

 

 

(クリックすると拡大します)

 

食物学・学術博士 佐藤 秀美先生

 

続いて、食物学・学術博士の佐藤 秀美先生による基調講演が行われ、ピーナッツがもたらす健康価値や、美味しくピーナッツを摂る方法について解説していました。(以下の解説資料  ©佐藤 秀美先生)

 

ナッツを食べない人に比べて、ナッツを食べている人はガンや心臓病、肺炎、認知症、糖尿病などの主な疾患リスクが低いそうです。

 

ナッツは食べると太ると気になっている人は安心してください。ナッツを習慣的に食べると逆に痩せたり、肥満リスクが下がったりするそうです。

理由は、満腹感が高まり、安静時のエネルギー消費(エネルギー代謝)がアップするからだそうです。

 

では、どれぐらい食べればよいかというと、手のひらに載るぐらい(30粒)、あるいは、ピーナッツバターなら、大さじ 1.5杯ぐらいが良いそうです。

 

 

その 30粒の中では、ビタミンE、ナイアシン、たんぱく質、アルギニン、食物繊維、マグネシウム、亜鉛、ビタミンB6などが上記の図に書かれているぐらい含まれているそうです。すごい栄養量ですよね。

効果としては、美肌、冷え改善、便秘の予防・改善、免疫力アップ、疲れ予防、イライラ症状緩和がわかっているそうです。

 

これだけ優秀な食材でも、日々の生活の中でピーナッツを摂取し続けることが難しいので、ゴマと同じように煎ったり、すったり、練ったりして取り入れたらよいのではと、佐藤先生から提案がありました。

 

料理についても、ゴマをお手本に鍋物に入れたり、和え物に加えたり、トッピングに使ったり、そして、間食で直接食べることを推奨していました。

 

デーブ・スペクターさん

 

続いて、スペシャルゲストで、アメリカ出身で大のピーナッツ好きなデーブ・スペクターさんも加わり、爆笑トークセッションが繰り広げられました。

「ボクの体全体がピーナッツでできているんです。今日は芸能界の話は要らないですね?(笑)」(デーブさん)

 

 

トークの一部を拾い上げると、、、

「子供の頃は、ピーナッツバター&ゼリーというサンドイッチをほぼ毎日食べていました。」

「エルビス・プレスリーの大好物は、ピーナッツバターとバナナをスライスしたサンドイッチでした。」

「ジミー・カーター元大統領はジョージア州でピーナッツ畑の農園をやっていました。」

「今は、グルメ志向や高級志向など、いろいろな種類のピーナッツバターが出ていますが、ボクが若い頃は、ノーマルかチャンキー(粒入り)ぐらいしか種類はありませんでした。」

「アメリカでは、10代だった頃、ピーターパンピーナッツバターというCMに出演して歌っていました。」

、、、と、アメリカの国民食 ピーナッツやピーナッツバターにまつわるエピソードをたくさん話されていました。

 

 

続いて、デーブ・スペクターさんによるピーナッツバター作りが行われました。

 

 

粗炒りしたピーナッツ 200粒をフードプロセッサーに投入し、続いて、オリーブオイル 大さじ 1/2を投入。

「料理番組から全然お声がかからないんですよね(笑)」

 

 

フードプロセッサーに 5分ほどかけて、ペースト状にします。こちらに 天然塩 小さじ 1/2を投入。

「これ、よくスプーン曲げで使うやつですよね(笑)」

 

自分で作ったピーナッツバターを実食。

「ものすごい香りが香ばしくていい感じですね。色合いもいいですね。」(デーブさん)

「皮のまま作ると、抗酸化作用がすごく強くて、渋みもあるので、コクも出ますよね。」(佐藤先生)

 

最後に、アメリカンピーナッツ協会の懇親会が執り行われました。

 

アメリカンピーナッツ協会のみなさん、日本ピーナッツ協会の 鈴木隆一さん、米国大使館 農産物貿易事務所 所長 モーガン・パーキンズさん、落花生輸入商社協議会 会長 三浦芳嗣さん 他

 

みなさん、はっぴを着て、デーブ・スペクター氏を中心に鏡開き、そして、デーブさんから乾杯の音頭。

「アメリカンピーナッツ協会、いつ発足? 今日かい? 乾杯~っ!」(一同爆笑)

 

 

講演終了後、佐藤 秀美先生に楽しいニュースに特別にメッセージをいただきました。

 

「20代・30代の女性読者のみなさんにぜひ言いたいことがあります。

若い人は、免疫力は高いのですが、自分が栄養が摂れていないことに気づいていない場合が多いです。
40代・50代になってくると、20代・30代で栄養が摂れていないことが自分の身に降りかかってきます。
ぜひ栄養を摂ることを心がけてほしいです。

たとえば、髪の毛が薄くなったり、枝毛ができたり、あるいは、爪が割れたとかは、すべて栄養不足に起因していることなんです。
きれいになるためには、自分の若さを過信しないで、まず栄養を摂ることが重要だと思います。
また、妊娠している人が、妊娠前よりも栄養が摂れていないことがあります。
未来を背負う子供たちのためにも、ぜひ必要な栄養摂取を心がけてもらいたいですね。」

 

佐藤 秀美先生、ありがとうございました。

 

(執筆・撮影 森川 創)

関連リンク:
アメリカンピーナッツ協会

https://peanutsusa.jp/

Facebook page

https://www.facebook.com/peanutsusajapan/

Instagram @american_peanut_japan

今注目されている記事

自己PR研究所

Let's Share! ⇒ twitter facebook はてなブックマーク