楽しいニュース.com

世の中の明るいニュース、あつめました!

2020.01.01科学・IT, 話題・おもしろ

ガンダム宇宙世紀シリーズ最新作『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』7月23日 全国公開決定!

LINEで送る
Pocket

©創通・サンライズ

 

ガンダムシリーズのマスターピース『逆襲のシャア』の正統なる続編、かつ、宇宙世紀の新たな100年を紡ぐ「UC NexT 0100」プロジェクト、第2弾作品『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』。
この作品は、ガンダムの生みの親 富野由悠季監督により、1989年に出版された同名小説を原作として、全国ロードショーの新作アニメーション映画で、公開日が 7月23日(木・祝)に決定しました。

 

©創通・サンライズ

 

あらすじ
宇宙世紀0105年を舞台に、第二次ネオ・ジオン戦争(『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』)で苦い別離を経験した、ブライト・ノアの息子ハサウェイが、新型モビルスーツ、Ξ(クスィー)ガンダムを駆って、地球連邦政府に反旗を翻す姿を描く。

 

©創通・サンライズ

 

監督は『虐殺器官』の村瀬修功、脚本は『機動戦士ガンダムUC』の むとうやすゆき、キャラクターデザイン原案 『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』の美樹本晴彦、キャラクターデザインをpablo uchida、恩田尚之、工原しげきの3名が担当、メカニカルデザイン原案には森木靖泰、メカニカルデザインはカトキハジメ、山根公利、中谷誠一、玄馬宣彦の4名、音楽は『機動戦士ガンダムUC』の澤野弘之が担当するなど、豪華スタッフ陣が勢ぞろいする作品。

 

©創通・サンライズ

 

さらに、この作品の秘密に迫るファンイベント「GUNDAM FAN GATHERING -『閃光のハサウェイ』 Heirs to GUNDAM-」が、東京・お台場のZepp DiverCity(TOKYO)にて、3月24日(火)に開催決定。

このイベントでは『閃光のハサウェイ』のメインキャラクターを演じるキャスト陣が初お披露目。
アムロ・レイからハサウェイ・ノアへと新時代の『ガンダム』の主役が引き継がれます。
さらに『閃光のハサウェイ』の出演者によるトークコーナーやスタッフを交えてのカンファレンスもあわせて実施予定。
加えて、主題歌アーティストの発表や最新映像も公開予定とのこと。

 

©創通・サンライズ

 

■イベント概要
GUNDAM FAN GATHERING -『閃光のハサウェイ』 Heirs to GUNDAM-

日時:2020年3月24日(火)開場:18時00分 開演:19時00分 終演予定:20時30分
会場:Zepp DiverCity(TOKYO)
登壇者(敬称略):
『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』出演キャスト
ハサウェイ・ノア役
ギギ・アンダルシア役
ケネス・スレッグ役

古谷 徹

 

『閃光のハサウェイ』の新着映像

 

解説:
主題歌「BEYOND THE TIME ~メビウスの宇宙(そら)を越えて~」に乗せて『逆襲のシャア』のアムロとシャアの因縁と最後の戦いが、展開。
澤野弘之の劇伴に乗せて新たな戦闘と主人公であるハサウェイ・ノアをはじめ、ギギ・アンダルシア、ケネス・スレッグといったメインキャラクターが初登場。
『逆襲のシャア』から『閃光のハサウェイ』へと物語が継承され、「その閃光は人類の希望」というキャッチコピーとともに次代の革新を感じさせる映像。

 

©創通・サンライズ

 

『逆襲のシャア』ダイジェスト映像

 

解説:
『機動戦士ガンダム』の一年戦争終結から13年後、宇宙世紀0093年を舞台にした『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』。
ネオ・ジオンを再興し総帥となったシャア・アズナブルが、地球を汚染し続ける地球連邦政府の粛正として小惑星アクシズを地球に落とす決意をし、再び地球に戦いを挑むことから物語が始まります。
今回のダイジェスト映像では、シャアが閣僚たちやネオ・ジオン軍を鼓舞し、サザビーで出撃するシーンの他、νガンダムとの闘いでは「地球が持たん時が来ているのだ!」とアムロを説得。
一方、アムロもホワイトベースの戦友たちと共に迎え撃つ中、アクシズが地球に向けて加速度を増して落ちていくその時、自らの体で止めよう奮戦。
両軍のモビルスーツも集結して協力し、衝突の危機が回避されるクライマックスシーンから、無念の涙を流すシャアと最後の力がつきるアムロの2人が、光の彼方へ消えていく感動のラストまでが編集されています。
また、ナレーションはハサウェイの父親であり、アムロとシャアの戦いを傍で見続けてきた男、ブライト・ノア役の成田剣さんが担当。

 

©創通・サンライズ

 

©創通・サンライズ

 

(編集 森川 創)
関連リンク:
『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』公式サイト
http://gundam-hathaway.net/

今注目されている記事

自己PR研究所

Let's Share! ⇒ twitter facebook はてなブックマーク