楽しいニュース.com

世の中の明るいニュース、あつめました!

2020.02.11科学・IT, 話題・おもしろ

キューサイ 「大人のダブルたんぱく」 ご担当者にスペシャルインタビュー!

LINEで送る
Pocket

大人のダブルたんぱく

 

昨年、11月に「植物性x動物性の「ダブルたんぱく」コラボメニューで、美BODYづくり!」のイベント取材でご紹介した キューサイの「大人のダブルたんぱく」。
今回は、キューサイ株式会社 マーケティング統括部 営業企画部 浅井 智春さん(以下、浅井さん)に「大人のダブルたんぱく」について詳しくお話をうかがいました。

 

浅井 智春さん

 

—– まずは、浅井さんの略歴を教えていただけますでしょうか。

 

関西出身で、元々は地元関西の企業に就職し、医療衛生商品の営業を経て、20-30代の女性をターゲットとした商品開発やプロモーションの経験をしました。
結婚を機に福岡に引っ越して、キューサイに転職しました。
キューサイといえば、青汁が有名ですが、自分にも馴染みがあり、健康的で体に良いというイメージがありましたし、心身の健康に働きかける理念が前職に通じるものがあって、それまで働いてきた経験やスキルを活かして、人々の健康や美容に役立てるのではないかと思い、キューサイに入社しました。

キューサイでは、当初、研究開発部門に配属され、翌年からは現在のマーケティング統括部に異動し、消費者にインタビューしたり、市場調査したり、プロモーションの立案をしたりと、新商品を企画・開発していく仕事をしています。

入社した当時から、「筋肉」を企画テーマとした研究の中で、今回ご紹介する「大人のダブルたんぱく」の開発に携わってきました。

 

 

筋肉に良いとされる成分の中でも、消費者のみなさんは、プロテインが良いという認識が一番高く、プロテインに着目した商品開発をしていました。

あるとき、東京でプロテイン商品の市場調査のために店舗を回っていると、70代ぐらいの男性のお客様がパッケージの表記を食い入るように眺めていました。
その男性が店員さんに「AとBという商品、どっちが栄養価が高いんでしょうか?」と質問されていました。
私は今までプロテインは、筋肉のために摂取するもの、と思っていましたので、このお客様のような「栄養」という観点は、とても新鮮な発見でした。

確かにプロテインはたんぱく質で、筋肉だけでなく、爪や髪、肌、骨など体の素になる構成成分で、人間の体の中では、水分の次に多い成分です。

たんぱく質は一般的に、朝とお昼に不足しがちで、栄養成分を補うという点では、当社の「THE KALE」も野菜不足を補うという点では共通していますし、「不足を補う」というコンセプトがお客様のニーズにも合っていると、「大人のダブルたんぱく」を開発しました。

 

—– あらためて「大人のダブルたんぱく」について教えていただけますか。

 

当社は、60代以上のお客様が多いですが、今回は 40-50代、その中でも特に女性は、働いたり子育てに忙しく、そういう方々に向けた新しいコンセプトの商品として「大人のダブルたんぱく」を開発しました。

ただ、女性向けとはいっても、ダイエットや美容を特に強調しているのではなく、爪、髪、肌、骨といったカラダの素の不足を補うことにポイントを置いています。
パッケージのデザインも白を基調にして、男性にも手に取っていただきやすい商品となっています。

「植物性たんぱく質」と「動物性たんぱく質」を両方配合していることで、それぞれのメリットをバランス良く摂取することができます。
植物性たんぱく質には、大豆たんぱく質を使用しています。女性にメリットのあるイソフラボンや食物繊維が豊富に含まれています。
動物性の乳たんぱく質には、ロイシンという筋肉の合成に必要なアミノ酸が豊富に含まれています。

たんぱく質は、摂り貯めておくことができません。
例えば、夜だけ 50グラム摂ればよいというものではありません。
体にとどめておくことができないので、朝、昼、晩とコンスタントに摂取することが大切です。

 

2019/09/02 ニュースリリースより https://corporate.kyusai.co.jp/news/detail.php?p=2400

 

グラフにあるように、両方のたんぱく質を摂るのは吸収の持続性が認められる良い組み合わせとなります。
植物性たんぱく質は、体にゆっくり吸収されるという特徴があります。
一方、動物性たんぱく質は、すぐに吸収されますが、植物性たんぱく質よりも持続性が短いです。
両方を摂ることで体内に長くとどめておくことが可能となります。

「植物性たんぱく質」と「動物性たんぱく質」の両方を含んでいるものはまだ市場にあまり出ていないので、研究も進んでいませんでしたが、当社で研究をしたところ、このように効率的にたんぱく質を摂取できるという特長がわかりました。

 

—– 粉末にした理由はどういうところでしょうか。

 

たとえば、「大人のダブルたんぱく」スティック 1本分を粒にした場合、同じ量を摂ろうとすると、30~40粒ぐらいを摂取する必要がでてきます。
また、長く続けて摂取していただけるように、1本あたり 4.6~5.6グラム程度の分量にしています。
当社商品の「ひざサポートコラーゲン」「THE KALE」も粉末タイプで、牛乳などに混ぜて普段の生活で簡単にご愛用できるようになっています。

同じ粉末でもスポーツトレーニング用のプロテインは、ココア味やヨーグルト味、ストロベリー味など味がついているものが多いですが、ヒアリング調査をしてみると、人工甘味料のような味が気になるという声を聞きます。
「大人のダブルたんぱく」は、砂糖などの甘味料や香料など不使用で余分な味付けをしていません。

普通の食事に混ぜるだけですので、忙しい人には向いていると考えています。

 

 

—– 開発にあたって苦労したのはどういったところですか。

 

開発という点では、粉末タイプなので、ダマになってしまわないように配合を調整して試作を繰り返し、溶けやすいものに仕上げました。

販売という点では、当社は、60代以上のお客様が多いため、40-50代向けの新しい商品を出して果たして受け入れてもらえるのか少し心配していました。

 

—– 実際に発売を開始して、反響はいかがですか。

 

去年の 4月から発売を開始して、想定通り、40-50代のお客様に多く購入いただいています。
男女別でいうと、8割が女性のお客様です。

実際に購入いただいたお客様にヒアリングしてみますと、牛乳やコーヒー、ヨーグルトに入れて飲むという方が多いようです。

 

牛乳にもコーヒーにも さっと溶けます

 

—– 他の摂取方法はありますか。

 

当社ならではということでは、「青汁」と一緒に混ぜて飲むとパーフェクトです(笑)
社員は、ペットボトルのお水に「青汁」と「大人のダブルたんぱく」を入れてシェイクしてデスクで飲んでいる者が多いです。
青汁は、食物繊維やビタミンやミネラルが豊富で、これにたんぱく質が加わって、栄養素としてとてもバランスがとれたものになります。

料理ですと、カレーやお味噌汁。お味噌汁に入れると、味がマイルドになります。
先日、当社主催のイベントに登壇された方は、カレーに入れて活用していただいているそうです。

 

 

—– キャンペーン企画のようなものはございますか。

 

今年 1月にキューサイのファンサイトをオープンしました。
キューサイの商品を購入されていなくてもどなたでも加入いただける無料のコミュニティです。

現在、このファンサイトでオープン記念キャンペーンを実施中です。

「大人のダブルたんぱく」を含めたキューサイの商品などの しなやか&キレイグッズが当たりますので、ぜひチェックしてみていいただければ幸いです。

 

しなやか&キレイを語ろう♪コミュニティ

https://www.beach.jp/community/QSAI/index/

 

 

■コミュニティオープン記念キャンペーン
コミュニティオープンを記念して、期間限定でキャンペーンを実施中。

抽選で 931名様(キュー・サ・イ)に、青汁、化粧品、健康食品などのしなやか&キレイグッズが当たります。
キャンペーン期間  2020年1月14日(火)~2月28日(金)13:00まで
キャンペーンの詳細は こちらをご覧ください。
URL:https://sp.beach.jp/QSAI/lp/opening-cp/

 

—– 最後に一言、楽しいニュースの読者のみなさんにお願いします。

 

プロテインを摂取されている 女性の方はけっこう多いと思います。
「大人のダブルたんぱく」は、一般のプロテイン商品よりも飲みやすく、日々の生活に取り入れやすいというお声をよくいただきますので、ぜひお試しいただけたらと思います。

 

 

—– インタビューをお受けいただき、ありがとうございました。

 

(出演 浅井 智春、執筆・撮影 森川 創)

関連リンク:
キューサイ
https://corporate.kyusai.co.jp/
植物性x動物性の「ダブルたんぱく」コラボメニューで、美BODYづくり!
https://tanonews.com/?p=21125
11月29日(金)は「いい筋肉の日」 筋肉をつけると「心」にもハリが出ることが判明!【キューサイ調べ】
https://tanonews.com/?p=21713

今注目されている記事

自己PR研究所

Let's Share! ⇒ twitter facebook はてなブックマーク