楽しいニュース.com

世の中の明るいニュース、あつめました!

2020.02.25話題・おもしろ

3月 9日からゼネラル・オイスターで牡蠣と日本酒「HINEMOS」との最高のマリアージュが楽しめる!

LINEで送る
Pocket

 

「ガンボ&オイスターバー」など全国に 26 店舗のオイスターバーを展開する⽇本最⼤級のオイスターバーチェーン ゼネラル・オイスター。

日本酒ブランド「HINEMOS」とのコラボレーションにより、牡蠣との最⾼のマリアージュを楽しめる牡蠣専用オリジナル日本酒 2 種類を開発し、3月 9日からより全国の店舗で提供を開始します。

本日 2月 25日、この日本酒のお披露目会が開催されました。

 

吉田 秀則さん

 

まずは、今年創業 20周年をむかえる株式会社ゼネラル・オイスター 代表取締役社長 吉田 秀則さんからのご挨拶。

「自分たちで養殖を行い、安全な牡蠣を提供するシステムを確立し、国内のみならず、台湾・香港・中国にも牡蠣を輸出しています。
牡蠣といえば、白いワインというイメージがポピュラーで一般的ですが、牡蠣をより美味しく楽しめるように、牡蠣に合うオリジナルワインなども提供しています。
日本産の牡蠣と日本酒をうまく合わせる方法がないかとずっと模索していたところ、新しい日本酒の位置付けとして、日本酒 = ライスワイン を提案されていた酒井社長のことを聞いて、あ、その手があったかと、CACCCI No.6 (カッキー ナンバーシックス)とCACCCI No.7 (カッキー ナンバーセブン)いう商品を開発しました。

CACCCI No.6 は、一言でいうと、スパークリングライスワイン。

CACCCI No.7 は、一言でいうと辛口の純米大吟醸で正統派の日本酒です。

日本の安全でプレミアムな牡蠣とともに、牡蠣専用のライスワインと一緒に世界に発信できたらと考えています。
亜鉛を中心としたミネラルが豊富な牡蠣で免疫力アップして、元気に笑顔になってほしいと思っています。」

CACCCI No.6 と CACCCI No.7

 

酒井 優太さん

 

続いて、日本酒の開発を担当した株式会社 RiceWine 代表取締役 CEO 酒井 優太さんから説明がありました。

 

「日本酒  HINEMOS(ヒネモス)とは、全国の酒蔵と提携し、特定名称酒へ特化したオリジナルブランドを製造し、国内外へ素晴らしい日本酒を届けるRiceWine(ライスワイン)が手掛ける日本酒ブランドです。

”日本酒をもっとシンプルに” という創業者の想いから誕⽣し、「時間」をコンセプトにした今までにない全く新しい日本酒を技術的に難しいとされる低アルコール原酒を実現し、⾟⼝から⽢⼝まで幅広い味わいのラインナップを展開しています。

CACCCI No.6 とCACCCI No.7は、牡蠣との最高の相性の日本酒を目指し、何度も試飲を重ね、約 9カ月、牡蠣を食べ続けました(笑)

 

 

CACCCI No.6 は、アルコール度数 5% 酸味と甘みのバランスを整えるのに苦労し、牡蠣を躍らせるようなイメージで作りました。
低アルコールなので、ぐいぐい飲めます。

 

 

CACCCI No.7 は、超辛口で酸度 2.8 に仕上げています。この酸度が牡蠣の甘さを引き立てるイメージで作りました。」

 

乾杯にぴったりの微発泡 CACCCI No.6と、食中酒として牡蠣とのマリアージュを楽しめる辛口 CACCCI No.7 の2種類は、生牡蠣だけでなく、さまざまな牡蠣料理とも合いそうですね。

いよいよお待ちかねの実食タイムです。

 

斎藤 伸さん

 

総料理長でソムリエの斎藤伸さんからペアリングメニューの説明がありました。

 

 

「岩手県広田湾産一本松牡蠣は、CACCCI No.6 が合います。福岡県門司産牡蠣は CACCCI No.7 が合います。」

 

牡蠣とホワグラのソテー

 

CACCCI No.6 は、あっさりとした牡蠣が合う印象でした。

CACCCI No.6 に合うという牡蠣とホワグラのソテーは、バルサミコソースとの味が絶妙で、ホワグラの濃厚さにもよく合いました。

 

ウニホタテの磯辺巻き

 

CACCCI No.7は、香りはワインに近く、酸味の強い辛さで、ミルキーな牡蠣に合う印象でした。

CACCCI No.7 に合うというウニホタテの磯辺巻きは、長芋のしゃきしゃきとした食感が美味しかったです。

 

 

 「CACCCI No.6 」「CACCCI No.7」販売概要 
提供開始: 3月9日(月)より
価格:

・グラス No.6/750円、No.7/880円   ※店舗限定販売
・300ml ボトル 2,180円

・500ml ボトル 3,590円 ※価格は全て税別
販売店舗:ゼネラル・オイスターグループ 全26店舗

 

(執筆・撮影 森川 創)
関連リンク:

ゼネラル・オイスター「オイスターバー」
https://www.oysterbar.co.jp/
日本酒「HINEMOS」
https://hinemos.tokyo

今注目されている記事

自己PR研究所

Let's Share! ⇒ twitter facebook はてなブックマーク