楽しいニュース.com

世の中の明るいニュース、あつめました!

2020.02.28話題・おもしろ

わたしにイイこと、みんなにイイこと。「エシカルライフ体験会」でオーガニックワインとオーガニック食品のマリアージュ体験

LINEで送る
Pocket

 

メルシャン株式会社(以下、メルシャン)では、サステナブルな社会の実現に向けて、2020年の今年、オーガニックワインのプロジェクト「わたしにイイこと、みんなにイイこと。」を展開。
先日 2月 26日に NPO法人 日本ホリスティックビューティ協会(以下、HBA)との共催によるけイベント「エシカルライフ体験会」が開催されました。

 

左から 山田 一幸さん、岸 紅子さん、近藤 勝宏さん、リオネル・ラヴァイユさん

 

当日はメルシャンのオーガニックワインが紹介されるとともに、HBA 代表理事の岸 紅子さん、パタゴニア プロビジョンズ マネージャーの近藤 勝宏さんが登場されて、「エシカルライフとは何か」「なぜオーガニックが注目されているか」など、さまざまな角度からお話がありました。
また、フランス最大級のビオディナミ実践ワイナリーのドメーヌ・カズ社 代表取締役社長リオネル・ラヴァイユさんが来日し、オーガニックの中でもさらに踏み込んだ農法の「ビオディナミ」への強い想いや、ビオディナミで作られたワインの魅力についてもお話もありました。
その後、ドメーヌ・カズのオーガニックワインとパタゴニアのオーガニック食品の試飲・試食体験も実施されました。

 

まず最初に、メルシャン マーケティング部 輸入グループ長 山田 一幸さんから「オーガニックワイン市場動向や社会背景など」について説明がありました。

 

山田 一幸さん

 

「異常気象や環境問題などいろいろな問題が叫ばれる中、メルシャンとしても社会貢献と企業側の利益を両立できる CSV(Creating Shared Value)経営にしっかりと取り組んでいきたいと思います。
みんなの幸せが私の幸せになるというという思いをこめて わたしにイイこと、みんなにイイこと。 というスローガンを掲げました。

 

 

エシカルというのは、倫理的消費という意味で、人や地域社会、環境に配慮した消費行動など様々な内容が含まれていて、その中のひとつにオーガニック品も含まれると考えています。

有機栽培で作られたブドウから作ったワインは、まさにエシカルなお酒、オーガニックワインと思っています。

 

 

認証機関を経たオーガニックワインをメルシャンとしては提供していきます。
このあと登壇されるドメーヌ・カズのオーガニックワインは、ビオディナミといってより先進的で高レベルに自然との協奏を実践したワインです。

 

世界のオーガニックワインの消費について、右肩上がりの状況にあり、今後も続いていく傾向にあります。
メルシャンでもこのような社会背景やお客様のニーズをつかんで、前年比 3倍のボリュームを見込んでいます。

 

 

SDG’sを理解し、エシカルでサステナブルな生活という考え方を取り入れている若い世代に対して、エシカル商品がひとつのきっかけになるのではないかと考えています。

 

 

メルシャンでは、3つのポイントを掲げて計画を進めています。
1つめは高品質で美味しいこと。2つめは信頼できる生産者の原料を使うこと。3つめは手に届くこと。身近なところでリーズナブルな価格で提供すること。」

 

続いて、HBA 代表理事で、環境省「つなげよう、支えよう森里川海」アンバサダーの 岸 紅子さんからプレゼンがありました。

 

岸 紅子さん

 

「環境省「つなげよう、支えよう森里川海」は、日本版SDG’sと言われています。
自然の恵みを大切にしながら、健康で生き生きと暮らしていくという循環をしていこうというプロジェクトです。
HBAを設立したきっかけは、私のストレス性の病気と女性ホルモンからくる病気からでした。
病気を克服していく過程で、自分の体や心に向き合って、医者任せにする健康ではなく、自分自身で健康を保って自然治癒力の高い状態をつくっていくことが大事だと思い、それをみなさんに伝えることをミッションとして 15年間やってきています。

 

 

ホリスティックとは 包括的・全体的という意味です。私たちの体は生命体として全体として生き生きと輝くことができると考えています。
美しさも同じです。心も体も外見(スガタ)も全体が健やかなことが美しさの基準です。
そのためには、高いレベルで健康が維持されているという証明になります。

 

 

外見(スガタ)が生き生きするには、末梢まで血液が循環してしていることで実現しています。
食べ物、睡眠、運動などで自分自身をマネジメントすることで健康を維持し、その上に自分の人生が成り立っています。
一人でも多くの人に自分の健康に向き合ってもらいたいと思っています。

 

 

健康で長寿を全うすることで、3000万円ぐらいの医療費を次の世代に引き継ぐことができます。
エシカルなものを選ぶことで、地球環境も改善されていきます。若い世代の人たちはそういったことを本能で感じています。」

 

続いて、パタゴニア プロビジョンズ マネージャー 近藤 勝宏さんからプレゼンがありました。

 

近藤 勝宏さん

 

「数年前からオーガニックなものを原材料とした食品ビジネスにも進出しました。
パタゴニアの創業者は外で遊ぶのが好きな人でした。大好きな自然が森林伐採や気候変動やダム建設で悪影響を与えていることに気づきました。
そこで、私たちは故郷である地球を救うためにビジネスを営むということを社是(ミッション)としました。
具体的には、ものを作っていくときに、サステナブルな考え方で、環境や社会に対してできるだけ少ないインパクトにして、ものづくりをしています。
そういったものづくりでもビジネスが成り立つことを世間に伝えていこうと考えています。
1996年からすべてオーガニックコットンを使用しています。

 

 

最近は、さらに一歩進めて、Regenerative(リジェネラティブ)という考え方にフォーカスしています。
何かを作り出すときに、マイナスを少なくしていくのではなく、作るときにより良くしていこう、作るときにプラスに変えていこうというコンセプトで取り組んでいます。
排出する二酸化炭素をより多く地中に戻していくことを目指していこうとしています。そうすることで今の気候変動の問題を解決できるんじゃないかと思っています。

 

 

そこで着目したのが食品のビジネスです。食品が環境問題の解決策になると考えています。
欧米に比べるとまだまだ日本ではオーガニックが広がっていないと思いますので、広がっていったらと思います。
今回、試食では、その中で、豆、ムール貝、サーモン、サバをオーガニックな食材で味付けをしてご用意しました。」

 

最後に、ドメーヌ・カズ 代表取締役社長 リオネル・ラヴァイユさんから説明がありました。

 

リオネル・ラヴァイユさん

 

「スペインとの国境に近いフランスにドメーヌ・カズのワイナリーはあります。この地域は、ワインに限らずオーガニックな農業に向いている土地です。

 

 

ビオディナミというと哲学的・神秘的なものに感じるかもしれませんが、ぶどうの木をいかにもっと強めるかというのが根本の考えにあるものです。
祖父の時代に農薬を使った農業を改めました。1990年代から太陰暦の月のカレンダーに従ってワイン造りをしています。

 

 

最初のステップはオーガニックですが、次にビオディナミというステップに進みました。
農薬の使用をやめて、もっと自然をリスペクトして土の環境をよくしてぶどうの木の生命力を高めていきました。

 

 

消費者にとっていいものを作るためにビオディナミという選択をしました。

オーガニックというと高いと思われがちですが、手の届く価格、顔の見えるワイン造りをしています。」

※ドメーヌ・カズ 1895年に創設されたフランス最大級のビオディナミを実践するワイナリー。

1997年より、ブドウが本来持つ力を最大限引き出すためにビオディナミ農法に着目し、現在はすべての畑でビオディナミを採用。
各国の3ツ星レストランにワインが採用されている国際的評価の高い生産者。

 

 

最後に、ドメーヌ・カズのワインとパタゴニア プロビジョンズのオーガニック食品によるマリアージュ体験として、試食・試飲タイムがありました。

 

 

白ワインは、食前酒で酸味のあるフルーティな味わい。

ムール貝 海の味わいにうまくマッチしています。サバも白ワインに合います。
複雑すぎないシンプルなワインは食材の味わいをより一層引き立たせます。

 

 

赤ワインは、スパイシーで果実味も豊かで飲みやすいワイン。クリーミーなレッドビーンズに合っています。
ココナッツの赤ワインを合わせることは稀ですが、スパイシーな赤ワインによく合います。
イチジクは、甘口ワインと合わせるのが一般的ですが、フルーティな赤ワインが合います。

 

「メスタ・オーガニック」、「ベル・フルール」、「ドメーヌ・カズ」、「ラ・コロンバ・ピッコラ」、「コドーニュ バルセロナ 1872」などのオーガニックワイン

 

オーガニックワインを通じて「私らしいエシカルとは何か」を考えるきっかけになりそうですね。

 

(執筆・撮影 森川 創)
関連リンク:
わたしにイイこと、みんなにイイこと。
https://www.kirin.co.jp/products/wine/organic/
日本ホリスティックビューティ協会
https://h-beauty.info/
パタゴニア
https://patagonia.jp/provisions
ドメーヌ・カズについて
https://drinx.kirin.co.jp/wine/caz/about/?btn=18062901
「月の動き」と造る、究極のオーガニックワイン
https://tabi-labo.com/288441/domainecazes-01
Domaine Cazes
https://www.cazes-rivesaltes.com/
どんな食事にも合う 果実 100%のメルシャン シードル、若い女性に人気急上昇中!
https://tanonews.com/?p=20491
メルシャン シードルに グレープフルーツが新登場! 「おうちでカジュアルクリスマス」にオススメ
https://tanonews.com/?p=21347

今注目されている記事

自己PR研究所

Let's Share! ⇒ twitter facebook はてなブックマーク