楽しいニュース.com

世の中の明るいニュース、あつめました!

2020.08.17科学・IT

リアルなバーチャルで、楽しくリハビリ!?

LINEで送る
Pocket

 

リハビリ(リハビリテーション)と聞くと、「リハビリは痛いことをする」、「辛いことを我慢すること」、「からだの機能をよくすること」というイメージが強いのではないでしょうか。

 

ご紹介する「リハまる」は 2017年から関西医科大学と株式会社テクリコが共同研究により開発したリハビリソフトウェア。
VR(Virtual Reality)を応用したMR(Mixed Reality)技術を利用することで、脳血管疾患をはじめとした高次脳機能障害の患者さんに対してリハビリを楽しく実施することができるそうです。
MRは現実空間に仮想ホログラムを浮かび上がらせる技術で、VRの仮想空間とは違い、シースルーのため、VR酔いもなく、日常生活空間でのリハビリができます。

 

 

「リハまる」の特長

・Microsoft社の最新HMD(Head Mount Display) HoloLens2を使用。
・機器の重量バランスが改善、帽子を被る感覚で装着感を感じないほどの快適さになり、負担が大幅に軽減。
・視野角が倍程度になり、MR空間によるリハビリ実施時の没入感が向上。
・ハンドトラッキング(両手)が可能となり、オブジェクトを実際に指でつまんで移動させることが可能に。
・ヘッドトラッキングに加え、アイトラッキングが可能となり、より詳細なデータ収集やアイトラッキングを使用した操作が可能に。

地道に行っていくリハビリを最先端のMRを利用して少しでも楽しく行えるのは朗報ですね。

参照・画像引用:「リハまる」【株式会社テクリコ】

今注目されている記事

自己PR研究所

Let's Share! ⇒ twitter facebook はてなブックマーク