楽しいニュース.com

世の中の明るいニュース、あつめました!

2020.10.05癒し系・女子向け, 話題・おもしろ

ドラマパラビ「だから私はメイクする」テレビ東京 10月7日(水)スタート!

LINEで送る
Pocket

Ⓒ「だから私はメイクする」製作委員会

 

テレビ東京では 2020年10月 7日(水)深夜 0時 58分からのドラマパラビ枠で「だから私はメイクする」がスタート。

このドラマは、メイクを通して浮き彫りになる「社会」や「自意識」と戦う女性たちの悲喜こもごもを描いた物語。
毎話、様々な女性の「メイク」にまつわるエピソードが繰り広げられます。
自分のメイク道を極め続けるうちにあだ名が「マリー・アントワネット」になった女性、職場の男性たちからされる「見た目へのアドバイス」にうんざりしている女性、仕事で多忙な日々を送る中で自分を奮い立たせるためにコスメに大金を投じる女性など、人それぞれの「メイクをする理由」を描くことで現代をたくましく生きる女性たち(時に男性も)の様々な姿を映し出されます。

 

Ⓒシバタヒカリ著『だから私はメイクする』(祥伝社フィールコミックス)
Ⓒ劇団雌猫・編『だから私はメイクする』(柏書房)

 

原作は シバタヒカリ作のコミック『だから私はメイクする』(祥伝社)。
『浪費図鑑』で知られるオタク女性4人組・劇団雌猫によるエッセイ集『だから私はメイクする』(柏書房)が原案で、『FEEL YOUNG』にて連載され、多くの女性に支持されている話題作。
「自分がどうありたいか」と向き合う、オムニバス・ストーリー。

 

■カリスマ美容家&YouTuber、そして気鋭の女性クリエイターたちが集結!

 

Ⓒ「だから私はメイクする」製作委員会

 

主人公であるコスメショップのビューティーアドバイザー(BA)・熊谷すみれを演じるのは、雑誌で見ない日はないほど大人気の美容家・神崎恵
「MAQUIA」「美的」「VoCE」など美容誌を中心に毎月多くの媒体に登場し、イベントやメイク講座、コスメブランドの商品開発、プロデュースなど幅広く活動しています。
さらにプライベートでは3人の子供を育てるママでもあり、その充実したライフスタイルは多くの女性の憧れです。
かつては女優としてドラマや映画・グラビアなどで活動していた神崎恵が“美のカリスマ”として知られる美容家となった今、地上波ドラマ初主演となります。

 

Ⓒ「だから私はメイクする」製作委員会

 

そして、新人BA 近藤芽生を演じるのは、ドラマ「チア☆ダン(TBS)」「his~恋するつもりなんてなかった~(メ~テレ)」「ゆるキャン△(テレビ東京)」、映画「パンとバスと 2度目のハツコイ」「mellow」など、話題作への出演が続く注目の実力派女優・志田彩良

 

Ⓒ「だから私はメイクする」製作委員会

 

その先輩 BA・山本織香を演じるのは NMB48のメンバーで、美容系 Youtuberとしての顔も持つ吉田朱里
自ら企画・撮影・編集しているというメイク術やコスメレビュー動画は若い世代に大人気でそのチャンネル登録者数は 80万人を超えています。
近年はアパレルや化粧品ブランドのプロデュースなどマルチな才能を発揮しています。

 

脚本にはドラマだけでなく映画やアニメなど幅広いジャンルで活躍する坪田文。
シリーズ構成を担当したアニメ『HUGっと!プリキュア(ABC朝.放送テレビ)』では「女性と仕事」「女育て」といったテーマを設定し、ジェンダーギャップや LGBT、それに対する社会の変化を描いたことで大きな話題となりました。
監督は現在公開中の映画「君が世界のはじまり」や「おいしい家族」などで知られる新進気鋭の若手監督、ふくだももこを始めとし、山中瑶子・岸本鮎佳など若き女性の才能が集結。

 

Ⓒ「だから私はメイクする」製作委員会

 

■あらすじ

 

第1話で、“人並み”になれたらと始めたメイクが次第にエスカレートし、メイクの沼にハマってしまった会社員・錦織笑子役を演じるのは、AKB48 でセンターも務め、卒業後は「ひよっこ(NHK)」
で朝ドラ初出演を果たし、映画「ニセコイ」「翔んで埼玉」など話題作で存在感を見せている、“ぱるる”こと島崎遥香!今年に入り開設したYouTube チャンネル「ぱるるーむ」では、YouTuberとしてメイク動画もアップしており、本ドラマでの演技は必見!

 

第2話では、大好きな男性アイドルグループへのときめきをいつでも感じられるよう、ネイルに自分で推しの顔を描くことにチャレンジする漫画家・川松奏子役に、阿部純子が決定!第67 回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品された主演映画「二つ目の窓」では、サハリン国際映画祭主演女優賞、高崎映画祭最優秀新人賞を受賞。
映画「Daughters」でもW 主演を務め、今後も3本の出演映画公開を控えているなど、今注目の実力派女優です。

 

第3 話では、プレゼン勝率は100 戦全勝!深夜に及ぶ仕事でも翌日にはその疲れをまったく⾒せず、⾝だしなみも完璧!

美と仕事を両⽴させるための独⾃メソッドを持つキャリアウーマン・北郷兎咲役には、約20誌もの表紙を飾る超⼈気モデルとして活躍し、資⽣堂やUNIQLO など数多くのCMにも出演、他にも、ドラマ「ラブラブエイリアン(CX) 」「来世ではちゃんとします(TX)」、映画「ホットロード」「君と100 回⽬の恋」、舞台「怪獣の教え」に出演するなど、幅広く活躍している太⽥莉菜に決定!

 

第4話で、メイクや可愛いものが本当は⼤好きだが、職場の男性達から受ける「⾒た⽬へのアドバイス」にうんざりしているOL・⻲⼭玲央奈役を演じるのは、⽚⼭友希!

映画「ここは退屈迎えにきて」「⼈間失格 太宰治と3 ⼈の⼥たち」といった出演作が次々に公開され、その後もドラマ「dele(EX)」「トップナイフ-天才脳外科医の条件-(NTV)」などに出演、本作監督・ふくだももこが⼿掛け、7⽉に公開された映画「君が世界のはじまり」にも出演するなど、活躍の場を着実に広げている注⽬の若⼿⼥優です。

 

第5話で登場する、ドバイからきた⽇本在住のマダムのお⼿伝いとして働くことになった元絵画教室講師・⽉野倫⼦役に、⼤ヒット作映画「マスカレード・ホテル」や「ぐらんぶる」に出演。
ドラマでは、「東京タラレバ娘(NTV)」「⻩昏流星群〜⼈⽣折り返し、恋をした〜(CX)」などに起⽤され、雑誌「CanCam」で専属モデルを務めるほか、栃⽊市ふるさと観光⼤使としても活躍する⽯川恋が決定!

 

第6話では、主⼈公・熊⾕すみれ(神崎恵)の過去に迫ります!なんと、あの⼤物⼥優が登場!?
さらにレギュラーメンバーである近藤芽⽣(志⽥彩良)や⼭本織⾹(吉⽥朱⾥)たちそれぞれの「今、この時代にメイクする理由」に焦点を当てて描きます!

 

■キャストコメント

 

Ⓒ「だから私はメイクする」製作委員会

 

●錦織笑⼦役:島崎遥⾹(第1話ゲスト)

 

最近、私⾃⾝⾃分に合うメイクは何なのかを考えメイクさんに相談したりYouTube をみて勉強したりと試⾏錯誤している中で今回のお話をいただき、是⾮やらせていただきたいと思いました。素直に嬉しかったです!
台本を読み終えた後、私⾃⾝何故メイクをするのかをふと考えさせられて、当たり前の様に多くの⼈々がメイクをしていて、メイクをする理由など⼈に聞いたことがなかったけれど、そこには必ず1 ⼈1 ⼈メイクをする理由があって、改めて考えてみると深くて⾯⽩いなと思いました。
笑⼦は『⾃分とはこうだ』というものがありカッコいいなと思いました。
笑⼦は⾔葉にはしていないけれどどこかで、モテメイクってなんだ!流⾏りってなんだ!
周りの⽬がなんだ!そういうちょっとした反抗⼼が実はあったりするのではないかなと思うんです。でも私はそこが凄く好きで、そんな笑⼦を私がやらせていただけたことが嬉しくてスタッフの皆さんに感謝します。
メイクをする理由は年齢や性別は関係なく⼈それぞれで、時と場合によって変えたり、服装やヘアに合わせてどんなメイクをするのかを考えたりします。
⾃分らしさを⾃分の⼿で表現できる⾃由さがメイクの素敵なところだと思うのでそんな思いがこのドラマには沢⼭詰まっていて多くの⽅が共感し楽しんでいただける作品になっていると思います。楽しみにしていてください!

 

Ⓒ「だから私はメイクする」製作委員会

 

●川松奏⼦役:阿部純⼦(第2話ゲスト)

 

綺麗になりたい!という気持ちに応えてくれる物語。⼀話毎に美容家の神崎恵さんにアドバイスをもらえるなんて贅沢なドラマだなと思いました。また、同世代の⼭中遥⼦監督とご⼀緒出来たことも嬉しかったです。
アイドルオタク兼、漫画家。⾃分の世界をしっかり持つ⼥の⼦です。今までに演じたことのない、変化球ですが、現場では、とにかく伸び伸びと演じさせて頂きました。
神崎恵さんに美容の指南を受けるシーンが⾒どころ。綺麗になるって、⾃信を持つこと。
ネイルとの出会いがきっかけで、本当にやりたかったことに奏⼦は近づいていきます。そんな瞬間を⾒て頂きたいです。

 

Ⓒ「だから私はメイクする」製作委員会

 

●北郷兎咲役:太⽥莉菜(第3話ゲスト)

 

ルッキズム問題など、今取り上げられている⽣き⽅やこれまでの私たちの容姿に対する価値観のあり⽅など、それをドラマで取り上げるのがすごく新鮮でしたし、声をかけていただけてとても嬉しかったです。
ストレートに⾃分の欲しいもの、必要なものが分かってそれを⼿に⼊れる潔さがすごく気持ちよかったです。
そこに⾏き着くまで彼⼥も様々な悩みや天秤にかけることがあったのもわかるし、だからこそ⾃信ある振る舞いは演じている私も元気づけられる感じがありました。
世の中には美の基準や感覚などの固定観念がたくさんありますが、まずは⾃分のために楽しむこと!このドラマを⾒てホッとしたり、少しでも楽になれる⽅が増えることを願っています。

 

Ⓒ「だから私はメイクする」製作委員会

 

●⻲⼭玲央奈役:⽚⼭友希(第4話ゲスト)

 

テレビ東京のドラマにまた出演させていただけると聞き、嬉しかったです。
普段メイクはあまりしないので、知らないことに触れるのは勉強になり、キラキラのメイクや可愛い⾐装を着ると、テンションが上がりました。
思っている事を⼝に出せない分、メイクやファッションで表現しようとしているのに、それもまた否定される…それでも楽しくオシャレしたい、という強さを感じました。
「だから私はメイクする」タイトル通り、⼀⼈⼀⼈のメイクする理由を楽しく⾒て何かを感じて頂けたら嬉しいです。

 

Ⓒ「だから私はメイクする」製作委員会

 

●⽉野輪⼦役:⽯川恋(第5話ゲスト)

 

6 話それぞれのヒロインがメイクを通して⾃分⾃⾝を受け⼊れ、⾃信を持ち、ポジティブに変わっていく様がどれも本当に素敵なお話で、⼥性として共感する点も多く、きっと多くの⽅に刺さる作品になるだろうと思いました。
また、監督さんを始めスタッフさんの多くが⼥性というのも新鮮で、その⼀員として今回参加できたことをとても嬉しく思います。
様々な場⾯で「いやいや、私なんて、、」と⾃分を卑下してしまう輪⼦や、⾃分に素直になれない、⾃信を持てない輪⼦にとても共感しました。
それは、私も輪⼦と同じようになかなか⾃分を認めてあげることができない時期があったからだと思います。
そんな輪⼦がある⼈をきっかけにメイクと出会い、みるみる変わっていく姿は、演じながら私⾃⾝とてもパワーをもらえました。
改めて⾃分の⼼に嘘をつかないこと、⾃分で⾃分を肯定してあげることの⼤切さを感じられましたし、それが皆さんにも伝われば嬉しいです。
メイクが上⼿くできた⽇や新しいコスメを買った⽇は、ウキウキしてそれだけでテンションが上がったり、メイクを通して違う⾃分になれたり、個性や⾃信に繋がったり、そんなメイクが持っているたくさんの素敵な魅⼒が存分に伝わる、とてもパワーをもらえる作品になっていると思います。
⼥性にとってのなくてはならないツールであるメイク。
今の時代は⼥性のみならず男性にとってもとても⾝近な存在だと思いますが、皆さんにとって今回の作品が改めてメイクを楽しむきっかけになれば嬉しいです。

 

Ⓒ「だから私はメイクする」製作委員会

 

●熊谷すみれ役: 神崎恵

 

—–  ドラマパラビ「だから私はメイクする」のオファーを受けた時の感想をお聞かせください。

 

ドラマや映画には作る側として関わりたいと思っていましたが、出演ということで驚きました。
ですが、美容の素晴らしさをまた違う.度でお伝えすることができるかもしれない。と思い挑戦することを決めました。

 

—– 台本を読んでみての感想をお聞かせください。

 

台本の中には、「美容」においてわたしが.切にし、伝えたいと思っていることが多く並んでいてうなずくことが多くありました。

 

—– 熊谷すみれの役どころについてはどう感じましたか?

 

言葉の語尾は違えど、思っていることも、言葉も重なる部分が多く。
自分ではないけれど、自分のような、不思議な感覚でした。

 

—– 役を演じるにあたっての思い、意気込みをお聞かせください。

 

演じることの前に、共演者やスタッフのみなさんの足手まといにならぬようと思っていました。
が、とにかく自分のできることを精一杯ということにつきるな。
と。気負いすぎず、普段どうりの心持ちでセリフの一字一字を大切にしたいです。

 

—– 視聴者へのみどころなどメッセージをお願いします。

 

メイクの楽しさ、美容のすばらしさを感じていただけたらと。
欲張りは言わずず、ただそれだけです。
たった1本の口紅がくれる自由、たったひとつのファンデーションがくれる自信。
限りなく、可能性しかないメイクという力を楽しんでいただけたら嬉しいです。

 

Ⓒ「だから私はメイクする」製作委員会

 

●近藤芽生役: 志田彩良

 

—– ドラマパラビ「だから私はメイクする」のオファーを受けた時の感想をお聞かせください。

 

普段からメイクが大好きなので、お話を頂いた時とても嬉しくてすぐに原作を読みました。
毎話メイクによって生まれ変わっていく女性たちが本当にキラキラしていて、見ている私まで自信をもらってしまって、このキラキラな.員になれるんだ!と撮影が楽しみで仕方なかったです。

 

—– 台本を読んでみての感想をお聞かせください。

 

知っているコスメブランドが沢山出てきて、次は何のコスメが出てくるんだろう?と台本というより、お気に入りの雑誌を読んでいる感覚に近く、わくわくしながらページをめくっていました。

 

—– 近藤芽生の役どころについてはどう感じましたか?

 

真面目で真っ直ぐで目の前の事に一生懸命になれる子。
だからこそ一喜一憂したり、思っている事がつい出てしまったり。
だけどしっかり周りが.えている。人に見られているとか.られていないとかそういうのは芽生にとってはあまり関係なくて、常に正しい姿勢で仕事に取り組んでいる。
そんなところがとても魅力的でかっこよくてきっと、近くに芽生がいたら私のモチベーションまで上げてくれそうだなと思いました。

 

—– 役を演じるにあたっての思い、意気込みをお聞かせください。

 

職業に就いている役を演じるのは今回が初めてなので、とても新鮮な気持ちです。
BAさんのお仕事に関しては分からない事が多く、現場で学ばせて頂く事が沢山あると思うのでそれが楽しみでもあります。
熊谷さん、織香さん、先輩お二人の下で楽しみつつ自分自身も芽生と一緒に成長できたらなと思います。

 

—– 視聴者へのみどころなどメッセージをお願いします。

 

メイクをすると少しだけ自分に自信が持てたり、新しいコスメや、色使い、その日の服や気分でほんの少しメイクを変えるだけで、気持ちまで明るくなれる。
私自身、メイクに出会ってより、おしゃれが楽しくなりました。
そんなメイクのわくわくやドキドキを楽しみつつ、それぞれの成長を一緒に見届けて頂けたら嬉しいです。
そして、毎話、素敵なゲストの方々が登場しますのでそちらもお楽しみに!

 

Ⓒ「だから私はメイクする」製作委員会

 

●山本織香役: 吉田朱里(MNB48)

 

—– ドラマパラビ「だから私はメイクする」のオファーを受けた時の感想をお聞かせください。

 

まさかのドラマのオファーにびっくりで、なんのドッキリかと思いました。笑
でも役の山本織香のキャラクターを聞いて、自分に似ているところや、共通点が多くてなるほど!やりたい!と思いました!

 

—– 台本を読んでみての感想をお聞かせください。

 

私は普段からコスメのプロデュース業もやってるんですが、最近コスメを考えるときに、女の子がメイクする時の気持ちや、メンタルに寄り添えるようにってことをすごく考えて作ってるので、物語の内容がその私の感覚になんだかすごく似ているというか…今このタイミングでこの作品に携わらせていただけて、なんだかすごいご縁を感じました!!

 

—– 山本織香の役どころについてはどう感じましたか?

 

ちゃきちゃきした、関西弁で美容大好きで YouTuber。
え?私やん!と思いました!
台本をずーっと読んでると、強いと見せかけて意外と気にしいなとこだったり、本当に私とよく似ていて、自分のことみたいだなーってすごく感じました!

 

—– 役を演じるにあたっての思い、意気込みをお聞かせください。

 

演技の経験はあまりないのでとても不安ですが、自分が美容が好きでそれをお仕事につなげてたくさん感じてきたこともたくさんあるので、ドラマ、役を通してそれを伝えられたらいいなって思います!

 

—– 視聴者へのみどころなどメッセージをお願いします。

 

可愛くなりたい!と思っている人は、いろんな思いを背負ってたくさん悩んで努力してると思うんです!
可愛くなるための努力は大変だけど、特別な楽しさがあると思います。
それをこのドラマを通してもっと知ってもらえたら嬉しいです!
是非たくさんの方に見ていただきたいです!

 

Ⓒ「だから私はメイクする」製作委員会

 

●原作・シバタヒカリ コメント:

 

漫画家をやる中での遠い夢の1つとしてあった「メディアミックスされたい」という事がこんなに早く叶うとは!とても嬉しいです!ドラマならではの要素も沢.あるので楽しみにして頂けたらと思います!

 

●原案・劇団雌猫 コメント:

 

「みんな、どんな気持ちで日々のメイクや服を選んでるんだろう?」何気ない疑問から始まり、さまざまな方に協力してもらって出来上がったエッセイ同人誌。
それが書籍になり、コミカライズされ、今度はドラマになるなんて、私たち自身も驚きました。
書籍『だから私はメイクする』では、こんな序文を掲げていました。
「『自分がどうありたいか』を知るために、私たちは今日もおしゃれして、”社会”という名の戦場へ向かう。」自分のために、社会のために、何かを探して……。
私たちが「メイクする理由(しない理由も!)」が、ドラマを通じてさらに多くの方に伝わるのが楽しみです。
私たち4人も、毎週わいわい視聴したいと思います。

 

Ⓒ「だから私はメイクする」製作委員会

 

●祖父江里奈(テレビ東京ドラマ室プロデューサー) コメント:

 

デパートのコスメフロアを眺めてみると、最近、男性モデルの広告が増えてきたなと思います。
「これは男性向け商品です!」と取り立てていうでもなく、何人かいる女性モデルの中に一人男性が自然な形で混じっている感じ。
もはや「メイク=女性のもの」という考え方は古いのだと思います。
しかしそれでもやはり、メイクは多くの女性にとって喜びでもあり、枷でもある存在です。
それは「女性はメイクして当たり前」という古くからある発想が今なお広く、深く根付いているからでしょう。
女性として生きる限りその呪縛から逃れるのは難しいことです。
だからこそこの作品では、あらゆる人のメイクとの向き合い方・関わり方をすべて肯定し、何一つ否定することなく描いていこうと思いました。
原作コミックは1話完結のオムニバス形式ですが、どの話の主人公も、それぞれに悩みを抱えながらも明るく生きていく選択をします。
その底抜けの前向きさが多くの人に支持される人気の理由なのは間違いありません。
そんな原作をドラマ化するのに素晴らしい才能が集結してくださいました。
脚本の坪田さんは実はかなりディープなコスメマニア!
脚本の中に登場するコスメの知識はすべて坪田さんご本人から発せられたものです。
チーフ監督のふくだももこさんは才能があるだけでなく、常に明るくて優しい素敵な女性です。
まさにこの作品を象徴するような人だと思います。
そして美容家の神崎恵さん。美容の知識はもちろんですが、悩めるお客さんに優しく寄り添うような物腰は原作の熊谷さんそのもの。
特に神崎さんの声がいいんです!
優しくて包み込むように柔らかい。発せられるそのアドバイスに身を預けたくなってしまうこと間違いなしです。
多くのコスメブランドにご協力いただき、リアルな商品がたくさん登場します。
観れば明日からのメイクの役に立つこと間違いなしです。ぜひ御覧ください!

ドラマを盛り上げる主題歌は、今年でデビュー5周年を迎えたlol-エルオーエル-の「restart」に決定しました!本作にぴったりな「負けない私でいれる様に明日を信じてみようよ」という前向きな歌詞とキャッチーな音楽は、メイクを通して自分自身に向き合いながら勇気や喜びを得る姿と相性抜群の楽曲になっています。そして、アップテンポで思わず口ずさんでしまうこの楽曲が、ドラマにどんな色を加えてくれるのか…是非ご期待下さい!

 

ⒸAMG

 

● lol エルオーエル  コメント:

 

—– 主題歌を担当すると決定した際の感想を教えてください。

 

ドラマの主題歌を歌わせて頂くことが
決定した時はとても嬉しかったです。
ドラマと共に曲を聴いてもらえるこの機会をすごく大切にしたいと思います。

 

—–  曲の中で注目して欲しい部分はありますか。

 

夢を追いかけている時や、目標に向かって日々頑張っていると、
時にはうまくいかない日があったり、心が折れそうになる時が、誰にでもあると思います。
この曲は、そんな時に心に寄り添って、「何度でもリスタートして頑張ろう!」
「自分自身にエールを送ろう!」というような
強さを伝えられる曲だと思います。
この気持ちが視聴者の方に届きます様に。

 

—–  メッセージをお願いいたします。

 

私たちも日々夢を追いかけてる途中で、この曲は、現在進行形の自分たちを鼓舞する曲でもあります。
そして、各回のドラマの主人公の気持ちに少しでも寄り添えたら嬉しいです。
是非ドラマと共に主題歌も楽しんで頂きたいです。

 

■ 「 restart」楽曲説明 

「結果ダメだったのはさあ、今日の答えでしょ」 やりたいこと、夢に向かう日々は、毎日前進と後退の繰り返し。 今日ダメでも、折れない心が自分を強くするし、諦めなければ終わることもない。
自分で決めたことだから、何度でもリスタートして、自分らしく進もうというメッセージを込めたピアノイントロと、ギターフレーズが印象的なトラックにファルセットを多用したサビメロが癖になるPOP ソング。「明日は変えたい」、「負けたくない」って思うから、迷わずrestart。

最新デジタルシングル「restart」は、10月7日(水)午前0時配信スタート!

 

■番組概要

【番組名】ドラマパラビ「だから私はメイクする」
【放送日時】 10 月 7 日(水)スタート!毎週水曜深夜0時 58分放送
【配信】動画配信サービス「 Paravi」で 10 月 2 日(金)夜 9時より毎話独占先行配信

【 Paravi (パラビ )】 URL: https://www.paravi.jp
【原作】シバタヒカリ「だから私はメイクする」(祥伝社)
【原案】劇団雌猫「だから私はメイクする」 (柏書房 )
【出演】神崎恵 志田彩良 吉田朱里( NMB48)
【チーフプロデューサー】山鹿達也(テレビ東京)
【プロデューサー】祖父江里奈(テレビ東京)本郷達也( MMJ)神通勉( MMJ)
【協力プロデューサー】山本喜彦( MMJ)
【監督】ふくだもも 山中瑶子 岸本鮎佳 松嵜由衣
【脚本】坪田文
【制作】テレビ東京・ MMJ
【製作著作】「だから私はメイクする」製作委員会
【番組公式 HP】 https://www.tv-tokyo.co.jp/makeup/
【番組公式 twitter】https://www.twitter.com/tx_make
【番組公式 Instagram】https://instagram.com/tvtokyo_make

 

(情報提供 テレビ東京)

今注目されている記事

自己PR研究所

Let's Share! ⇒ twitter facebook はてなブックマーク