楽しいニュース.com

世の中の明るいニュース、あつめました!

2020.11.25ご当地, 話題・おもしろ

渋谷ストリームのイルミネーション点灯式に参加してきました!

LINEで送る
Pocket

東急株式会社が運営する大規模複合施設「渋谷ストリーム(SHIBUYA STREAM)」では、非接触体験型クリスマスイルミネーション「LIGHT of WISH -SHIBUYA STREAM 2020 ILLUMINATION-」が 11月 19日(木)よりスタートしています。

現地の点灯式に参加してきた様子をお伝えしていきます!

 

世界のランタンアーチ &光のメッセージ

 

 

社会が大きく変化し、人と人の繋がりに改めて気づくことができた今年、2020年。

渋谷ストリームでは、そんな特別な年に迎えるクリスマスを「心に灯そう、みんなの願い」をテーマに、世界中が幸せになることを願い、人と人の繋がりを表現するクリスマスイルミネーションを開催。

渋谷ストリームの顔ともいえる大階段に「世界のランタンアーチ &光のメッセージ」を設え、海外に行くことが難しくなった中で、人と人との繋がりの大切さをランタンアーチで表現しています。

 

 

また、スマートフォンの操作で光の演出が変わる、非接触体験型イルミネーション “光のメッセージ” では、自分の気持ちや想いの色を選択して、世界のランタンアーチの光の変化を楽しむことができます。

参加方法は、まず、階段を上がったところに、画像のような QRコードが掲出してあるので、そのコードをスマートフォンで読み込みます。

次に、足跡マークの位置に立ち、6種類の “想いの色” から 1つ選択します。

最後に、画面に映った「マッチ」に触れると、ランタンアーチの光が選択した色に点灯します!

 

スマホを操作している様子

 

 

上の画像が、想いの色を選択する前の、ベースの光の色となっています。

6種類の光の色を、1つずつ紹介していきます!

 

 

想いの色「愛」を選択した時の色、「赤」。

寒い冬でも、あったかい気持ちになれそうな色合いですね。

 

 

想いの色「願い」を選択した時の色「紫」。

神秘的な色合いが、目を惹きつけます。

 

 

想いの色「平和」を選択した時の色「緑」。

安らぎの緑の色で、心も優しくなれそうです。

 

 

想いの色「希望」を選択した時の色「黄」。

明るい色合いで、未来への期待感が高まります。

 

 

想いの色「感謝」を選択した時の色「青」。

青には、「医療従事者への感謝」という意味もあるそうです。

 

 

想いの色「祈り」を選択した時の色「白」。

穢れのないまっさらな色で、純粋な気持ちになれそうです。

 

世界のランタンアーチ &光のメッセージ

【開催期間】 2020年 11月 19日(木)〜 12月 25日(金)

【点灯時間】 16:30 23:00(予定)
【開催場所】渋谷ストリーム大階段

 

ランタンスカイ

 

 

渋谷ストリームの 2階、3階の吹き抜け部分には、タイのコムローイ祭りで有名なランタンスカイが登場しています。

一人ひとりの願いが込められたランタンは、たくさんの想いが重なり光となって、渋谷ストリームの夜を幻想的に彩っています。

あたたかな色合いで天井を彩るランタンの数々は、つい足を止めてしばらく見惚れてしまうほどです。

壁に反射してる光も綺麗ですね。

 

ランタンスカイ

【開催期間】 2020年 11月 19日(木)〜

【点灯時間】 16:30 23:00
【開催場所】 渋谷ストリーム 2階・3階吹き抜け部分

 

渋谷リバーストリートイルミネーション 2020

 

 

渋谷ストリームから渋谷ブリッジまでを結ぶ渋谷リバーストリートの稲荷橋から並木橋までの約 400mに、1本 300球の LEDで彩られた「つららライト」が 86本登場しています。

ライトに照らされる渋谷川を眺めながら、イルミネーションの空間を歩き、楽しむことができます。

 

渋谷リバーストリートイルミネーション 2020

【開催期間】 2020年 11月 19日(木)〜 2月 6日(土) (予定)

【点灯時間】 16:30〜 23:00 (予定)

【開催場所】 渋谷リバーストリート(稲荷橋~並木橋の区間)

 

 

渋谷ストリームではイルミネーションの他にも、「WORLD GOURMET TRIP」という世界のグルメを楽しめる飲食企画など、日本にいても世界旅行気分を味わえたりと、楽しい企画が繰り広げられています。

ぜひ、この冬には渋谷ストリームに足を運んでみませんか?

 

(情報提供:渋谷ストリート PR事務局、編集: R.T.

 

今注目されている記事

自己PR研究所

Let's Share! ⇒ twitter facebook はてなブックマーク