楽しいニュース.com

世の中の明るいニュース、あつめました!

2020.12.15科学・IT

空気のプロ・ダイキンが解説する「大雪時のエアコントラブル回避法」

LINEで送る
Pocket

 

日本気象協会によると、14日(月)から、今季一番強い寒気が日本付近に流れ込むと予想され、東北地方の日本海側を中心に大雪や吹雪となる恐れがあるそうです。

冬将軍の襲来が予報されています。

 

2018年に、東京都心で 20cmを超える積雪を記録した際、「エアコンが効かなくて困っている」といった問い合わせが空調メーカーのダイキン工業に殺到しました。

「エアコンから温かい風が出てこない」「室外機から湯気が出ている」「室外機から異音がする」という声が寄せられたそうです。

 

大雪になってから、エアコンが動かなくなったら大変です。

そこで、「空気で答えを出す会社」ダイキンが推奨する、エアコントラブルの事前回避法と対処術をダイキン広報グループの重政 周之さんから紹介してもらいました。

 

ダイキン広報グループ 重政周之さん

 

ダイキンからのアドバイス「エアコンが停止する前に、対策をとりましょう」

 

 

「エアコンが効かなくて困っている」「室外機から湯気が出ている、異音がする」など、こうしたトラブルは室外機の周りに雪が積もり、吸い込み口や吹き出し口をふさいでいるため発生するケースや、 室外機に付着した雪を溶かす「霜取り運転」によって発生しているケースが多いです。

そのため室外機の周りのスペースをあけておくことが重要です。

雪が降った後の対応はもちろんですが、実は積雪前のケアが重要です。

天気予報で大雪が想定されたら、エアコンの室外機の周りをチェックするように心がけましょう。

 

大雪が降ったら、「窓開け換気」はどうすればいい?

 

 

雪が降る状況で、窓を開けて換気するとどうしても室温が下がってしまいます。

まずは暖房で室内を十分に暖め、暖房をつけながら換気をすることで、室温が急激に下がるのを抑えることができます。

また、厚生労働省は、暖房によって室内・室外の温度差が維持できれば、窓を少し開けて常時換気することで室温を保ちながら換気できると紹介しています。

詳しくは、ダイキンHPの「上手な換気の方法」をご参照ください。

 

ダイキン 上手な換気の方法

https://www.daikin.co.jp/air/life/ventilation/

 

大雪が降る前にできること:室外機の周りを片付けましょう!

 

 

 

天気予報で大雪が想定されている場合には、大雪が降ってもエアコン暖房を安心して使用するために、室外機の周りが物でふさがれていないか、あらかじめチェックしておきましょう。

ベランダや軒先にある室外機の周りに雪が積もって、空気の吸い込み口、吹き出し口をふさいでしまわないよう、室外機の周りは出来る限り空けておきましょう。

もし、ゴミ袋や掃除道具などでふさがれていたら、予め片付けておきましょう。

 

大雪が降ったら:吹き出し口、吸い込み口をふさいでいる雪を取り除く

 

 

室外機の周りに雪が積もって空気の吸い込み口、吹き出し口をふさいでしまったら、空気の通り道を確保するため、エアコン専用ブレーカーをオフにした上で、室外機の周りの雪を取り除きましょう。

吹き出し口・吸い込み口の前は、30センチは空けるようにしましょう。

一般的に、室外機の前面が吹き出し口、側面と背面が吸い込み口です。

前面だけでなく、側面や背面の障害物にも注意しましょう。

室外機の上に積もった雪も、落下して吹き出し口や吸い込み口をふさいでしまう可能性があるので、取り除いておきましょう。

雪を取り除いたら、ブレーカーをオンにし、リモコンで再度運転を開始してください。

 

室外機の周りを空けておいた方が良い理由

 

 

室外機の周りを空けておいた方が良い理由は、エアコンが部屋を暖める仕組みにあります。

エアコンは暖房運転をするとき、屋外の熱を部屋の中に移動させています。

実は、冬の冷たい空気の中にも熱が含まれており、その熱をどんどん取り入れることで、部屋を暖めているのです。

部屋の空気に含まれる熱が多いほど部屋は暖かくなります。

 

 

室外機は、熱を含んだ屋外の空気を吸い込み、冷たい空気を吹き出しています。

吸い込み口がふさがっていると、空気を効率的に吸い込むことができません。

また、吹き出し口がふさがっていると、室外機から吹き出された冷たい空気を、室外機が再び吸い込んでしまう「ショートサーキット」という現象が起こります。

すると、屋外の熱を効率よく取り込むことができず、電気代が高くなってしまうばかりか、暖房運転が停止してしまうこともあるのです。

 

 

ダイキンの体感型ショールーム「フーハ東京」では、室外機の吹き出し口と吸い込み口をふさいだときの、消費電力量の変化や、エアコンが停止する様子を見ることができます。

 

フーハ Webサイト

https://www.daikin.co.jp/fuha/

 

ダイキン「空気の困りごとラボ」Webサイト

 

ダイキン工業は、空気のプロとして、それぞれの季節の空気に関する困りごとについて解説し、解決方法を紹介しているWebサイト「空気の困りごとラボ」を運営しています。

コンテンツのひとつ「大雪の困りごと」では、大雪が降った時に起こる可能性があるエアコントラブルとその対処法、予防法を紹介しています。

 

 

空気の困りごとラボ

https://www.daikin.co.jp/air/life/laboratory/

 

 

大雪の困りごとと解決法

https://www.daikin.co.jp/air/life/laboratory/snow/

 

(情報提供:ダイキン、編集:R.T.

今注目されている記事

自己PR研究所

Let's Share! ⇒ twitter facebook はてなブックマーク