楽しいニュース.com

世の中の明るいニュース、あつめました!

2021.11.07話題・おもしろ

詳報! 『Arcane(アーケイン)』グローバル・プレミアイベント「ARCANE DAY」

LINEで送る
Pocket

先日お伝えした記事のように、本日 11月 7日(日)から Netflixで世界に向けてプレイヤー人口 1億人超のPCオンラインゲーム「リーグ・オブ・レジェンド」初のアニメシリーズ『Arcane(アーケイン)』が公開されました。

 

 

この公開を記念したイベント「ARCANE DAY(アーケイン・デイ)」が同じく本日 11月 7日から東京「ベルサール秋葉原」で開催されました。

特別上映会では、Netflixアニメシリーズ「Arcane」のエピソード1の上映や、日本語版声優を務めた、上坂すみれさん、小林ゆうさんによ収録秘話、そして、スペシャルゲストに「リーグ・オブ・レジェンド」を日頃よりプレイされて大ファンというケイン・コスギさんが「アーケイン・コスギ」さんとして応援に駆けつけて舞台挨拶に登場しました。

 

また、会場では、Arcaneの公開を記念した特別映像の上映や、国内では初展開となる「リーグ・オブ・レジェンド」公式グッズの展示、コスプレイヤーによるショー、キャラクターをモチーフとしたフードの発売や特設アーケイドゲームなどが用意され、来場者が楽しんでいました。

 

さらに、合同会社ライアットゲームズ パブリッシング統括部 統括ディレクターの藤本 恭史さんにお話を伺いました。

 

Arcane(アーケイン):ファイナルトレーラー日本語吹替版

 

【特別上映会 舞台挨拶】

 

左から ケイン コスギさん、上坂すみれさん、小林 ゆうさん

 

主人公ジンクス役(妹)を演じた上坂すみれさん、ヴァイ役(姉)を演じた小林 ゆうさん、そして「リーグ・オブ・レジェンド」の大ファンであるケイン コスギさんが「アーケイン コスギ」として登壇されました。

 

上坂さん:
私が演じる主人公・ジンクスがどのようなキャラクターかは知ってはいたんですけど、バックボーンについては今回まで知らなかったので、Arcaneによってジンクスの幼少期の可愛らしい一面を見れたり、凄く意外性があって、引き込まれる緻密なストーリーで驚きました。

 

小林ゆうさん:
ヴァイさんはとても大好きなキャラクターなので、アニメでも演じさせてもらえることになって、とても嬉しいです。
ゲームの時は、好戦的な部分をクローズアップされるキャラクターなんですけど、アニメになると、どうしてこのような面がヴァイに生まれたのかというところがよく知れて、、、。
もうヴァイさんには幸せになってほしい気持ちです。

 

ケイン コスギさん:
ハリウッド映画並みのクオリティーで、オープニングから泣きそうになりました。
リーグ・オブ・レジェンドファンからしてもかなりいい作品だと思います!
アニメでもジンクスとヴァイの 2人を見ることができて、とても嬉しいですし、早く家に帰ってジンクスを使ってプレイしたい。

 

 

—– 『Arcane』のアニメーションタッチについて

上坂さん:
油絵のような、重厚感があって、手書きかCGか分からなく、これがArcaneの世界なんだ!とアフレコの際に映像を見入ってしまいました。

 

小林ゆうさん:
表情の1つ1つの凄く繊細な部分が大切に作られていて、アフレコの際に、思わず 自分もキャラクターと同じ顔になりました。
アクションシーンの際にヒップホップであったり、素晴らしい音楽がアクションにハマっていて、演じているこちらも燃えてくるようなものすごい映像になっていまし た!

 

 

—– 喧嘩をしてしまった場合、どのように解決しますか?

上坂すみれさん:
『プリンを食べてしまった』という内容の喧嘩だったら、それ相応のプリンを準備 して仲直りに挑みます、、、

 

小林ゆうさん:
私の演じるヴァイさんだったらカップ ケーキになるのでしょうが、今回は「プリン」にさせていただきます(笑)

 

アーケイン コスギさん:
僕も仲直りにはプリンですね!(笑)

 

 

—– 最後に一言 お願いします

上坂さん:
本当に見ごたえのあるストーリー、臨場感のあるアクション、キャラクターそれぞれの魅力であったり、個性が詰まっていて、それを描き出す映像美、音楽のかっこよさなど、見どころたっぷりなので、ぜひ大きいデバイスで見てください!
そしてヴァイとジン クスの姉妹の物語にも是非注目してください!

 

小林ゆうさん:
今回のアニメは会場に来ていただいている皆さまを始め、世界中でリーグ・オブ・レジェンドを愛していただいている皆さまのおかげで完成したと思います。
この作品の中で描かれて いることは、本当に心を掴んで離さない内容になっています。
細部にわたって映像が美しいので、ぜひ瞬きをせずに最後まで楽しんでご覧ください。

 


アーケイン コスギさん:
パーフェクトアーケイン!(『アーケイン』にちなんだお決まりの台詞)

 

 

【写真で見る ARCANE DAY会場の様子】

 

Arcane フォトブース

 

 

ヴァイとジンクスの巨大ビジュアルを使用したフォトブース。

 

Arcane キッチンカー

 

 

Arcaneの世界観をイメージしたフードが販売されていました。

ファンなら一度は食べてみたい、ジンクスとヴァイをイメージしたカラーリングのポップコーンや、”あの”カップケーキなど全 6種類が登場。

 

 

 

グッズ・声優サイン・アート展示コーナー

 

・リーグ・オブ・レジェンドグッズ

 

・160点を超える リーグ・オブ・レジェンドの世界を彩る声優サイン

 

・Arcane 公開を記念して製作されたアートコンテスト入賞作品の展示

 

 

ヴァイのパンチングマシーン

 

 

会場内では、ヴァイのパンチ力に挑戦できる「ヴァイのパンチングマシーン」を設置。
規定のパンチ力を超えると、特別グッズをプレゼントされていました。

 

ジンクスのシューティングギャラリー

 

 

ジンクスの愛銃で射撃力を試すことができる「ジンクスのシューティングギャラリー」も設置。
ジンクスの愛銃を模した銃で規定の的を撃ち抜くと、こちらも特別グッズをプレゼント!

 

【藤本 恭史さんへのインタビュー】

 

合同会社ライアットゲームズ パブリッシング統括部 統括ディレクターの藤本 恭史さん

 

—– ゲームをアニメ化した経緯や理由をお聞かせください

藤本さん:
ゲームに登場するキャラクターが 160体ぐらいあるのですが、そのキャラクターに思い入れを持っていただくために、世界観や世界観の背景の作り込みをものすごく丁寧に作りこんでいます。
単純にゲームをプレイするのにはまったく関係ないのですが、それぞれのキャラクターに背景やストーリーがあり、それに紐づく音楽があり、映像世界があり…と、いわゆるユニバースをどんどん作り上げています。
プレヤーの方々にはプレイのたびに毎回その断片をみるというのではなく、ひとつのキャラクターを主人公にして、映像世界としてプレイヤーに楽しんでもらえるようにアニメ化しました。

 

 

—– Arcaneの見どころは?

藤本さん:
ゲームに数多く登場するキャラクターの中で、ジンクスとヴァイという姉妹の物語が中心となっています。
リアルな人生でも、視点によって、善なのか、悪なのか、明確に切り分けられることは少ないと思います。
ある人の立場では素晴らしいのに、他の人から見ると悪になるといった人生の複雑さや感情の奥深さを全9話を通して描いていますので、作品のクオリティの高さだけでなく、みなさんにぜひそういったところも観ていただきたいです。

 

 

—– ライアットゲームズは、どのようなことを行っていらっしゃいますか?

藤本さん:
元々ライアットゲームズは、リーグオブレジェンドという MOBA(マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ)と呼ばれる 5対5で戦う PCゲームで、e-sportsとしても全世界で 1億人ぐらいがプレイするほどまでに認知されるようになってきました。
PCゲームは、文字通り、PCでゲームをするのですが、ゲーマーは、PCだけでなく、モバイルでゲームする人もいれば、コンソールでゲームをする人もいらっしゃいます。
2019年にリーグオブレジェンドの 10周年を迎えたときに、ゲーマーの方々もプレイできるように、プレイヤーがいるところにコンテンツやゲームを提供していこうと、対象を拡大するという宣言をしました。
その宣言通り、モバイルゲームもリリースしましたし、コンソールについても準備しているものもあります。
MOBAだけでなく、カードゲームやシューティングゲームなど、ジャンル自体も広げていっています。
その活動の一環として、このアニメーションシリーズもゲームから派生しているエンターテインメントコンテンツの1つとして、今回、リリースしました。
ヴァロラントというゲーム以外のリーグオブレジェンドの世界から派生したキャラクターがゲームやアニメなどマルチに展開していきます。
この世界観が実写映画にもなるかもしれませんし、音楽になるかもしれませんし、いろいろな表現方法で、より多くの人に楽しんでいただけるように尽力しています。
160のキャラクターがいますから、相当いろいろなことができそうです(笑)
映画の場合は主人公に感情移入しても観終わった時点で終わってしまいますが、ゲームから派生するエンターテインメントの良いところは、ゲームに戻ってきたときにその世界に一人のアバターとして存在するかたちで自分自身の物語を紡いていくことができます。

 

 

—– 藤本さんが個人的に好きなキャラクターは?

藤本さん:
リーグオブレジェンドをプレイして、最初に触ったキャラクターが今回の主人公のジンクスでした。
なぜかというと、ジンクスは銃をポンポンと遠距離から撃つキャラクターで、初心者がいきなり接近戦で戦うと殺されてしまうので、最初はちょっと離れた場所から撃つ練習をしました。
なので、ジンクスにはすごく思い入れのあるキャラクターですから、今、がんばってプロモーションしています(笑)

 

 

—– 最後に一言お願いします。

藤本さん:
ゲームで得られる体験は、ある人にとっては興奮するものだったり、またある人にとっては趣味の時間の大部分を費やしても価値のあるものだったりします。
今回のアニメーションを通じて、ゲームやゲームから派生するエンターテインメントにあまり馴染みのない人に、新しい体験を提供できるものと考えています。
エンターテインメントの会社として、オーディエンスのいるところに、そういう機会をどんどん広げていきたいと思います。

 

—– ありがとうございました!

 

 

 

Arcane公式サイト:  https://arcane.com/ja-jp/
Arcane公式Twitter:  https://twitter.com/arcaneshow

 

(取材協力: 合同会社ライアットゲームズ、撮影・編集: 森川 創)

    気象庁の提供するデータをもとに、
    各地域の天気予報をざっくりと
    紹介するアプリです。

    出典:気象庁
    提供:楽しいニュース.com
    インフォビジョン

    今注目されている記事

    自己PR研究所

    Let's Share! ⇒ twitter facebook はてなブックマーク