楽しいニュース.com

世の中の明るいニュース、あつめました!

2022.01.19話題・おもしろ

にんにくの香りと旨みを楽しめる『Ajo鍋(アホ鍋)』1月 27日(木)より期間限定販売

LINEで送る
Pocket

野菜がたっぷりとれてこだわりのお肉も楽しめる『しゃぶしゃぶ温野菜』(以下、温野菜)から、パンチの効いたにんにくの香りと旨味を存分に楽しめる「Ajo鍋(アホ鍋)」が、2022年 1月 27日(木)より期間限定で登場します。
※“Ajo”とはスペイン語で、にんにくという意味。

 

 

旨さの秘訣は 3つ!にんにくを活かした濃厚こってり出汁
①ポークとチキンの旨みをベースに、にんにくをふんだんに使ったパンチのある出汁
②ローストしたにんにくと生のにんにくソテーを加えることで引き出したにんにくの香り
③卵と唐辛子がにんにく特有のエグみを抑え旨味を引き立てる

 

Ajo鍋のおいしい食べ方
やみつき感のある出汁にくぐらせると肉も野菜もよく進みます。
脂の甘さのある豚カルビや、キャベツやレタスの葉物類、きのことの相性は抜群。
野菜がおいしく食べられるので、肉をたくさん食べても罪悪感を感じさせません。

 

背徳グルメの最終形「〆(締め)のこってりラーメン」
肉や野菜の旨味が出汁に溶け出したところで中華麺を投入。
スライスにんにく、もやし、キャベツを追加すれば、にんにく野菜マシマシのこってりラーメンのできあがり。

 

 

寒い冬こそ“にんにくパワー”
にんにくには、疲労回復、血行促進、冷え性対策の効用があります。

 

■Ajo鍋 概要
商品名: Ajo鍋食べ放題 厳選牛コース
価格: 2,980円(税込 3,278円)
販売期間: 2022年 1月 27日(木)より販売
販売店舗: 全国のしゃぶしゃぶ温野菜
コース内容: Ajo鍋の他に 7種の出汁からひとつお選びください。
11種の肉、厳選した国産野菜、おつまみなど 60種以上が食べ放題です。

 

 

■ Ajo鍋に至った情熱
温野菜のメニュー開発者がスペインの伝統料理「ソパ・デ・アホ」(にんにくスープ)に出会ったところから始まりました。
海外で初めて食べた時の名前の衝撃と、それを上回る味のインパクトに感動し、しゃぶしゃぶにアレンジしたらより美味しくなるのでは?という想いから試行錯誤を重ね、開発者の熱意でメニュー化に至った情熱の鍋メニューです。

 

【商品開発 岸 真義さん プロフィール】
フランス料理のミシュラン星付きシェフの元、10年間研鑽を積み、しゃぶしゃぶ温野菜の商品開発へ転身。
フレンチの技法と料理全般の知識を合わせ持つ岸だからこそ知る、とっておきの通な食べ方を紹介。

 

 

▼さらに美味しさアップ!相性抜群カスタマイズ!
・ガーリック鶏つみれ
竹筒鶏つみれにしっかりと出汁を含ませ、チーズしゃぶしゃぶを乗せてお召し上がりください。
にんにくと鶏の旨味をチーズが包み込んだクセになる味わい。

 

 

・辛さマシマシ
一味唐辛子とラー油をお好みで加えると、さらにホットな味わいに。

 

 

【しゃぶしゃぶ温野菜とは】
株式会社レインズインターナショナル(代表取締役社長:澄川浩太)が運営するしゃぶしゃぶ温野菜は、2000年 3月、それまでの「値段が高い」「敷居が高い」と言ったイメージをくつがえし、気軽にしゃぶしゃぶを楽しめるお店として東京・経堂にオープン。
上質なお肉はもちろん、こだわりの国産野菜を始めとする豊富なメニューが幅広い世代に受け入れられ、現在ではしゃぶしゃぶチェーン NO.1の店舗数(国内 286店舗※2022年 1月 1日現在)を展開するブランドへと成長しました。

 

2020年に始まった新型コロナウイルス感染症防止に向けては、様々な安心安全の取り組みを行っております。
・マスクの着用
・手洗い消毒
・座席間隔の確保
・定期的な換気
・アルコール設置
・店内設備の消毒
・非接触の取り組み

 

(情報提供:株式会社レインズインターナショナル、編集:中嶋杏樹)
関連リンク:
しゃぶしゃぶ温野菜公式サイト
https://www.onyasai.com/
しゃぶしゃぶ温野菜 Instagram
https://www.instagram.com/onyasai_official/
しゃぶしゃぶ温野菜 Twitter
https://twitter.com/On_Yasai
しゃぶしゃぶ温野菜 FaceBook
https://www.facebook.com/OnYasai/

    気象庁の提供するデータをもとに、
    各地域の天気予報をざっくりと
    紹介するアプリです。

    出典:気象庁
    提供:楽しいニュース.com
    インフォビジョン

    今注目されている記事

    yuri_log
    自己PR研究所

    Let's Share! ⇒ twitter facebook はてなブックマーク