楽しいニュース.com

世の中の明るいニュース、あつめました!

2022.03.22癒し系・女子向け, 話題・おもしろ

アナウンサーに向けて着々と進化を続けるフレキャン2018、ミス日本2021のファイナリスト 加藤早和子さんに独占インタビュー!

LINEで送る
Pocket

楽しいニュースでこれまで何度も取り上げているミス日本コンテスト2021ファイナリストで、また、過去にインタビューした永松野々花さん岡町綾乃さん(現 一城あやのさん)と同じ年のフレキャン2018(※)のファイナリストでもある加藤早和子さんにインタビューしてきました。

※正式名称 FRESH CAMPUS CONTEST(略称:フレキャン)は、大学新入生を対象とした日本最大級のコンテスト。

 


加藤早和子さん (撮影のときだけマスクを外しています)

 

—– どんな子供時代でしたか

 

一人っ子で、のびのびと育ててもらいました。
でも、近所の子供たちの仲間に入れて欲しいのに「入れて」っていう一言が言えなくて、母や祖母に代わりに言ってもらうような子でした。
ドロケイのような鬼ごっこで追いかけられるのが嫌いで、私はいつも鬼役をやってました。
鬼役じゃなくなって、追いかけられる役のときは泣いていました(笑)
足が速かったので、友達には「早和ちゃんが鬼はヤダーっ!」って言われてました(笑)

小学校1年生のときからチアダンスを始めて、高校受験勉強を始める前までやっていました。
チアダンスといっても、大会演技の中には、ヒップホップやジャスダンスやアクロバットの要素が含まれているので、どんどんレベルアップして行くにつれて他のダンススキルも増やしていきました。
加えて英語も習っていたので、毎日 習い事漬けのハードな日々でしたね。

 

 

—– 高校に入ってからはいかがですか

 

第1志望はチアダンスが強豪の高校だったのですが、望みが叶わず、別の私立高校に進学しました。
入学した高校は、勉強によって4つのクラス分けがされていました。
私が入ったクラスがその4つあるうちの上から2番目の一般受験で難関大学目指しましょうというクラスでした。
その高校もチアダンス部も結構強くて、練習が厳しくて、入ったクラスとチアダンスの部活動との両立は過去に例がないと言われていて、両立していく自信をなくしました。
結局、中学時代はチアダンスをして、部活動してこなかったので、部活に入りたいっていう気持ちがあって、自分が選手としてではなく、マネージャーなら勉強と両立できるのではないかと考えて、サッカー部にマネージャーとして入部しました。

 

 

高校受験で第1志望が叶わなかったこともあり、大学受験は絶対に頑張ると思って入った高校ですが、私が思い描いた高校ではなくて、高校1年の頃は勉強へのモチベーションは下がり続けていました。
辛そうな私の姿を見た母も「無理しなくていいじゃない」と言ってくれて、高校2年のときに2番目の一般受験のクラスから4番目の推薦入学のクラスに移りました。
クラスを移ると、勉強へのモチベーションが復活して、模試の成績も良い状態をキープしていました。
大学受験を考える頃には、ちょっとミーハーですが、青山学院大学(以下、青学)にはキラキラとしたイメージがあって、中学生の頃から憧れがありましたので、青学に行きたいと思うようになりました。

 

 

無謀かもしれないけれど、推薦入学のクラスですが、一般受験でがんばろうと、高校2年の冬ぐらいから部活と両立しながら、本腰入れて勉強しました。
そんな折、高校3年生の時に担任の先生から「加藤さん、そんなに青学に行きたいんだったら指定校推薦があるけど使いませんか?」と提案がありました。
指定校推薦の試験で合格して、希望した青学に入学できました。
高校受験での失敗があったからこそ、その経験が大学受験で活かされたと思います。

 

 

—– 大学に入ってからの活動を教えてください

 

大学1年のときは、就職も明確に決めていたわけではなかったのですが、表の世界で活躍したいと考えていましたし、青学の憧れの先輩もみんなフレキャンに出場されていて、大学1年生しか出られないからこそ、やってみたいなと思い、フレキャンに挑戦しました。
フレキャンには、SHOW ROOM審査というのがあって、SHOW ROOMで配信を行うのですが、私はすごく配信が苦手で、ファイナリストとして最後まで残ったのは奇跡だと思っています(笑)
グランプリを獲った永松野々花ちゃんや岡町綾乃ちゃんは、毎日 家から SHOW ROOM配信をがんばっていました。

 

 

—– ミス日本コンテストはどういう経緯で応募されたのですか

 

就職活動の中で、自分の中にある思いや自分の PRをうまく伝えられなくて もどかしいという思いを味わうことが多くて、落ち込んでいたことがありました。
そんな時にたまたま「ミス日本募集中」という広告を見てみたら、ミス日本2020 ファイナリストのみなさんのキラキラ輝いていたプロフィールがネットに掲載されていて、みなさんの生き生きと自己PRをされている姿を拝見して、すごく魅力を感じました。
自分もあんな感じになりたいと憧れを持って応募しました。

 

 

書類審査を通過し、面接審査にも通過して、東日本地区大会に出場することが決まりました。
東日本地区大会でファイナリストが選ばれるとき、投票が多い順番にエントリーNo.を呼ばれるということを知らなくて、番号順に呼ばれると思っていたので、私のエントリーNo. 10より大きい番号が呼ばれたときに、「ああ、自分はファイナリストには選ばれなかったんだ」と思って落胆していたら、そのあとで番号を呼ばれて、びっくりしました(笑)
東日本地区大会が終わって、いろいろなニュースに速報が掲載されて、みんなからおめでとうと連絡がやってきました。
まさかファイナリストに選ばれるとは思っていなかったです。

 

 

—– そこからミス日本ファイナリストとしての活動は、楽しいニュースの記事でご紹介していますので省略して、ミス日本以降の現在の活動を教えてください

 

学生の傍ら、伝える仕事に興味があって、いくつかメディアで活動をしています。
2020年 8月からコイデラレポーター※として、Youtubeに出演しています。

※小岩デラックスの略。

 

小岩デラックス
https://www.youtube.com/channel/UCV7Hw7aMcANqO_sEl3FOY-Q

 

 

江戸川の花火大会で小岩の町に行ったのですが、東京にしては、商店街・飲食店がたくさんあって、行ってみたら楽しそうな町で、その飲食店ロケや街角インタビュー取材を行い、コロナ禍で、お客さんが来なくなった小岩の町を活性化し、小岩の魅力を発信していく動画チャンネルです。
私自身もコロナの影響で、いろいろなことができなくてもどかしいと思ってところでしたので、やってみたいと応募しました。

 

また、1年前から コミュニティFM「ラジオ川越」に、月曜夜のパーソナリティーとして「〈KAWAGOE LIVE〉月曜日の夜は私と」(1・3・5週)※に出演しています。

※FMラジオ川越 88.7Mhz 埼玉県川越市周辺
または、全国から JCBAインターネットサイマルラジオ【関東地区 → ラジオ川越】
https://www.jcbasimul.com/

 

ラジオ川越 番組表
https://radiokawagoe.com/program/

 

 

—– 浦和レッズの応援もされていますよね

 

きっかけは、大学2年の時に出演したテレビ埼玉の「街美女アルバム」でした。

出演時に私が浦和レッズが好きと話したら、ちょうどその放送を観ていた浦和レッズのスポンサーさんから声をかけていただき、浦和レッズの番組「REDS TV GGR」から生まれた、GGR女子というインスタのアカウントで活動させていただきました。

 

街美女アルバム

さらに、レッズ女子ちゃんねるをYoutubeやインスタ、TikTokに新たに作って、女子のレッズファンの姿を発信していて、そこに参加しています。

浦議チャンネルに出演したことで、レッズファンの中でちょっと認知度が高まったかもしれません(笑)

 

赤き血のGGR女子!?加藤早和子さんと「浦和美園駅~埼スタ」を歩いてみた【浦議チャンネル】
https://uragi.com/?p=16585

 

レッズ女子ちゃんねる
https://www.youtube.com/channel/UCExXUJDl19kI_iD1tpTC3fg

 

 

 

—– 最後に今後について教えてください

 

コイデラやラジオ川越などのお仕事で経験を積みつつ、さらにステップアップして、よりみなさんに知ってもらえるようなメジャーなアナウンサーになれるように活動を続けていこうと考えています。
特にスポーツ関係のアナウンサーになりたいです。
国境を越えていけるスポーツは、見ているだけで元気が出てきますし、スポーツの取材や報道に関わっていきたいと思っています。

また、今までボランティアとかしたことがなかったのですが、そういった方面にも興味があって、人のためになるような活動をしたいなと思っています。
もちろん、メディアのお仕事も誰かのためになっていると思いますが、もっと距離の近いところで、人のためにボランティアをしてみたいです。

プライベートでは、コロナ禍で今は難しいですが、海外に行って、普段生活していない場所に行って自分の経験を豊かにしたいと考えています。

 

—– ありがとうございました

 

 

(出演: 加藤早和子、撮影・編集: 森川 創)
関連リンク:
何かにチャレンジしたい! そんな女性たちが集結した「第53回ミス日本コンテスト2021」東日本地区大会
https://tanonews.com/?p=25328
写真で振り返る第53回 ミス日本コンテスト2021
https://tanonews.com/?p=29963
ミス日本 2021のファイナリストが学ぶ勉強会 第 3期 (後編)
https://tanonews.com/?p=28057
FRESH CAMPUS CONTEST 2018 加藤早和子
https://misscolle.com/frecam2018/profile/122

小岩デラックス
https://www.youtube.com/channel/UCV7Hw7aMcANqO_sEl3FOY-Q

ラジオ川越
https://radiokawagoe.com/program/

テレビ埼玉 街美女アルバム 加藤早和子
https://www.teletama.jp/machibijo/file19/217/index.html

赤き血のGGR女子!?加藤早和子さんと「浦和美園駅~埼スタ」を歩いてみた【浦議チャンネル】
https://uragi.com/?p=16585

    気象庁の提供するデータをもとに、
    各地域の天気予報をざっくりと
    紹介するアプリです。

    出典:気象庁
    提供:楽しいニュース.com
    インフォビジョン

    今注目されている記事

    yuri_log
    自己PR研究所

    Let's Share! ⇒ twitter facebook はてなブックマーク