楽しいニュース.com

世の中の明るいニュース、あつめました!

2022.04.08癒し系・女子向け

大人気の「セザンヌ ウォータリーティントリップ」シリーズから垢抜け感たっぷりのソフトマットタイプ新 2色が登場!

LINEで送る
Pocket

株式会社セザンヌ化粧品は、色移りしにくく、濡れたようなツヤのある仕上がりが好評のティントリップ「ウォータリーティントリップ」 シリーズズより、ソフトマットタイプ「ウォータリーティントリップ マット」新 2色を 2022年 6月上旬より発売します。

 

 

セザンヌのバズリップから、しっとり質感のソフトマットタイプが新登場!

みずみずしい濡れツヤ感ある仕上がりで、発色とツヤが長続きするティントリップ「ウォータリーティントリップ」から、発色や潤いといった人気な点はそのままに、軽い仕上がりで潤いが持続する「ウォータリーティントリップ マット」が新登場。
マットリップ初心者の方にも使いやすいようこだわった、セザンヌ渾身の潤い質感です。

 

「M1 ダスティローズ」は、少しシックで上品な雰囲気のくすみローズ。
マットタイプならではの抜け感のある仕上がりで、メイクのお洒落感がさらにアップします。
青みと赤みのバランスを何度も調整したセザンヌならではのローズカラーは、パーソナルカラーを問わず使いやすいです。

 

もう一方の「M2 ウォームオレンジ」は、オレンジの明るさにほんのりベージュとブラウンを落とし込んだこっくりオレンジベージュ。
ほどよく温度を感じる仕上がりで、ひと塗りでこなれ感たっぷり。
カジュアルにもクラシカルにもなりたい人におすすめのカラーです。

 

「セザンヌ ウォータリーティントリップ マット」
M1 ダスティローズ/M2 ウォームオレンジ ¥660(税込)

 

<商品特長>
■軽うる質感
・軽い仕上がりのソフトマット×しっとり質感で潤い持続
■1度塗りでしっかりと色づき、唇になじむと質感チェンジ
■4種の保湿成分配合
・ハチミツ、ヒアルロン酸 Na、ローヤルゼリーエキス、水溶性コラーゲン
■色移りしにくい日本製ティント
■無香料・無鉱物油
■塗りやすいやわらかチップ
・唇へのフィットを考えた使いやすいスクエア型チップ

 

ウォータリーなテクスチャーなのに、マットに仕上がる秘密

塗り心地はさらっとした水分感のあるテクスチャーですが、唇になじむとマットパウダーが表面をマットコーティング。
見た目はソフトマットな仕上がりですが、つけ心地は既存の「ウォータリーティントリップ」同様にしっとりとしていて快適なつけ心地を実現しました。

唇に塗布してからほっと一息リラックス!

少し待つと“こなれマットなリップ”に仕上げるポイントです。

 

塗布イメージ M1 ダスティローズ

 

塗布イメージ M2 ウォームオレンジ

 

■How to use

付属のチップを使い、1度塗りしたあと唇になじむとソフトマットな仕上がりに変化します。

 

 

大好評!濡れツヤ持続「ウォータリーティントリップ」 カラー紹介

「ウォータリーティントリップ」は、みずみずしい濡れツヤ感ある仕上がりで、発色とツヤが長続きするティントリップです。
ティントの発色を透明のベールで覆うリップコートのような処方で、ツヤ感と色をキープ。
全 7色展開でデイリーメイクから印象的なリップメイクに仕上げたいシーンまで、その日の気分や好みに合わせて楽しんでいただけます。

 

◆既存色(全 7色)
・01 ナチュラルピンク
・02 コーラルレッド
・03 ベージュブラウン
・04 キャメルオレンジ
・05 プラムレッド
・06 ピンクベージュ
・07 ビターレッド

 

■セザンヌ化粧品について
ずっと安心、ずっとキレイ。
セザンヌ化粧品は、毎日使い続けられる品質と価格にこだわり、安心、安全を一番に考えるトータルメイクブランドです。
セザンヌ化粧品の生まれたきっかけは、高品質・低価格の商品を日本の女性にも提供したいという気持ちでした。
1964年に誕生して以来半世紀。
10年以上販売しているロングセラーアイテムもたくさんあります。
パッケージの無駄を省き、容器を共通化することで毎日使い続けられる価格を実現。
品質にも手を抜かず、商品の中身はすべて日本製※1にこだわり、全品パッチテストを実施※2し、お客様からのご意見を参考に改良を続けています。

※1 雑貨を除く
※2 リムーバーを除く。 全ての方に皮膚刺激が発生しないということではありません。

 

(情報提供:株式会社セザンヌ化粧品、編集:中嶋杏樹)

    気象庁の提供するデータをもとに、
    各地域の天気予報をざっくりと
    紹介するアプリです。

    出典:気象庁
    提供:楽しいニュース.com
    インフォビジョン

    今注目されている記事

    yuri_log
    自己PR研究所

    Let's Share! ⇒ twitter facebook はてなブックマーク