楽しいニュース.com

世の中の明るいニュース、あつめました!

2023.01.05ご当地

老舗ベーカリー ドンク「青森りんごフェア」開催!日本一の生産量を誇る青森県産りんごを使った新商品も

LINEで送る
Pocket

1905年創業、職人が粉から生地を仕込み、焼き上げるスクラッチ製法に一貫してこだわった神戸生まれの老舗ベーカリー、株式会社ドンクは、2023年 1月 16日(月)~1月 31日(火)の期間、日本一の生産量を誇る、青森県産りんごを味わい尽くす「青森りんごフェア」を全国の「ドンク」「ドンクエディテ」で実施します。

 

 

本フェアは「青森りんごの魅力をもっと消費者に知っていただきたい」という一般社団法人 青森県りんご対策協議会様の想いと、「パンを通して日本各地の地場産食材をより多くの人にお届けしたい」、というドンクの想いが合致した取り組みで、今年で 11回目の開催を迎えます。
青森りんごフェアで使用している生りんごについては、JA津軽みらいさんからフレッシュな生りんごを特別に直送してもらっているものです。
商品は、りんごの中でもパンの材料として使用されることの多い「ふじ」と「紅玉(こうぎょく)」、普段あまりパンと合わせることのない「王林(おうりん)」を使い、ドンクのパン職人が培ってきた豊富な知識と経験を活かしてオリジナルパンを考案しました。

 

今回はキャラメルで仕上げたシャキッとしたりんごのジューシーさが絶妙な「キャラメルリンゴのブリオッシュフィユテ」といった新商品や、りんごと相性が良いシナモンが入った例年の人気商品「シナモン香る青森りんごブレッド」など、計 8種類の期間限定商品を販売します。
それぞれの品種の特徴を最大限に生かし、豊かな自然の中ですくすくと育った青森りんごのおいしさをパンにぎゅっととじこめました。

 

 

青森県は、りんごの生産量日本一で知られています。
1~3月に出荷ピークを迎える青森りんごは、色が良く、甘みがあり、しっかりとした食感が魅力です。
ドンクでは、1つ 1つ生産者によって丁寧に育てられた質の高いりんごを堪能してもらえるよう、青森りんごとパンの最高のコラボレーションを実現します。

 

■青森りんごフェア商品
メープル香るりんごのカリカリスティック(249円)
王林使用

 

香ばしいメープルとバターの豊かな風味、ほのかな塩味にりんごの優しい甘さがベストマッチ。
くるみのカリッとした食感がアクセント。

 

青森りんごとレーズン ~チーズケーキ仕立て~(281円)
ふじ使用

 

シナモン風味のアーモンドクリームとチーズクリームの濃厚な味わい、りんごとラム酒漬けレーズンのジューシーさが楽しめる一品です。

 

王林とくるみのクリームチーズ仕立て(281円)
王林使用

 

王林りんごとくるみの味わいが広がるパンと、ほんのり甘いクリームチーズが相性抜群です。はちみつを塗り仕上げました。

 

青森りんごとなると金時(238円)
ふじ使用

りんごとなると金時を入れて焼き上げました。
温めなおしても、よりカリッとした食感を楽しめます。

 

キャラメルリンゴのブリオッシュフィユテ(303円)
ふじ使用

 

歯切れのよいパンの食感と風味、キャラメルで仕上げたシャキッとしたりんごのジューシーさが絶妙なバランスの一品です。

 

青森りんごとカスタードのブリオッシュ(303円)
ふじ、紅玉使用

 

ブリオッシュと、青森りんごの入ったカスタードがよく合います。
朝食やティータイムにもおすすめです。

 

紅玉とふじりんごのブリオッシュリング(1個:476円、1/2個:238円)
ふじ、紅玉使用

 

しっとりとした食感のブリオッシュと、紅玉の甘酸っぱさがよく合います。
トッピングしたふじりんごのシャキッとした食感がアクセント。

 

シナモン香る青森りんごブレッド(1本:821円、1/2本:411円)
ふじ使用

 

りんごと相性がいいシナモンを中に入れ、甘いりんごをトッピングして焼き上げました。

 

【「青森りんごフェア」概要】
実施期間: 2023年 1月 16日(月)~1月 31日(火)
対象店舗: 全国のドンク、ドンクエディテ

 

【青森りんごについて】

●ふじりんご
歯ごたえがよく、果汁が豊富で甘みも強く人気のあるりんご。
生産品種も約半分がふじ。

 

●紅玉(こうぎょく)
小ぶりで果肉は緻密でしまりがあり、煮崩れしにくい肉質を持つため、製菓に向くりんご。
しっかりとした香りと酸味が特徴。

 

●王林(おうりん)
うす緑色で果汁が多く、強い甘さと香りは独特の風味があります。
一般的に「青りんご」と呼ばれることも。

 

■りんごの生産量日本一!青森県
本州の最北端に位置する青森県は、岩木山のふもとに広がる津軽平野で栽培が盛んな日本一のりんごの産地として知られています。
現在、生産量は約 44万トンと全国の約 6割を占めています。
収穫は 8~11月まで品種ごとに行われ、出荷のピークは 1~3月。
青森の恵まれた気候風土で育ったりんごは、色がよく、甘みがあり、しっかりした食感が魅力です。

 

 

【一般社団法人 青森県りんご対策協議会について】
1947年 10月に発足し、現在では青森りんご産業の振興発展を目的に組織されている協議機関です。
青森県内の出荷、生産、加工、輸出等生産から流通までの全てのりんご関係団体及び全国主要青果会社で組織される各地区青森りんごの会により構成され、主に青森りんごの宣伝事業を行っています。

 

【株式会社ドンクについて】
1905年、神戸で創業。
日本で本格的なフランスパンを神戸・三宮で販売を始めて 50余年、フランスパンブームを起こすなど、創業当時から本場の製パン技術の習得やヨーロッパの食文化の紹介に力を入れ、日本のパン業界をリードし続けてきました。
総店舗数が海外を含め約 200店舗まで広く展開している今でも、粉から生地を仕込み、成形して焼き上げるまでの全工程を一貫して行う「スクラッチ製法」にこだわり、各店舗で職人がパンを焼き上げます。

 

(情報提供:株式会社ドンク、編集:中嶋杏樹)

    気象庁の提供するデータをもとに、
    各地域の天気予報をざっくりと
    紹介するアプリです。

    出典:気象庁
    提供:楽しいニュース.com
    インフォビジョン

    今注目されている記事

    yuri_log
    自己PR研究所

    Let's Share! ⇒ twitter facebook はてなブックマーク