楽しいニュース.com

世の中の明るいニュース、あつめました!

今日は何の日?

本日12月7日は…

2019.09.26科学・IT, 話題・おもしろ

さぁ、はじめようぜ。「ルパン三世」最新作 × 最新技術で新感覚映画体験!

LINEで送る
Pocket

 

10月 18日(金)から11月 4日(月・祝)までの期間、昨年に続き2 回目となる「HIBIYA CINEMA FESTIVAL(日比谷シネマフェスティバル)」が開催されます。
最新技術と映画のコラボレーションの実現や国際的な映画祭とも連携し、普段は静かな空間で観ることの多い映画を、屋外大型ビジョンを中心に 観る だけでなく 参加する ことにもこだわったフェスティバルになるそうです。

 

©モンキー・パンチ/2019 映画「ルパン三世」製作委員会

 

特に今年の注目は、「ルパン三世 THE FIRST インタラクティブシアター」。
大型ビジョンへ デバイスをかざすと、「ルパン三世 THE FIRST」のキャラクターが街へ飛び出す!?
最新AR技術を活用した映画の世界が現実へ拡張する体験ができるそうです。

 

12月 6日(金)、23年ぶりに長編アニメーションとしての公開が決定された「ルパン三世」の劇場版最新作とコラボレーション。
広場の大型ビジョンと 2つの会場で、「ルパン三世 THE FIRST」に入り込んだような新しい映画体験を味わうことができるそうです。
大型ビジョンから街へ飛び出したキャラクターと出会ったり、2種類のフォトブースでは映画の世界に没入したような画像を撮影することが可能。
それぞれの画像を持ち帰ったり、SNSで公開することもできる参加型イベントとのこと。

 

■『ルパン三世 THE FIRST』の概要
謎を解いたものは莫大な富を手にすることができるとされ、あのルパン一世が唯一盗み出すことに失敗した因縁のお宝・ブレッソン・ダイアリー。
第二次世界大戦中にはナチスがその行方を追い求めたともいう伝説級の獲物に挑むルパン一味の活躍を、シリーズ初となる3DCG アニメーションで描きます。
監督・脚本を務めるのは、『ALWAYS 三丁目の夕日シリーズ』、『永遠の0』、『STAND BY ME ドラえもん』などで知られる山崎 貴氏。
この作品は「ルパン三世」史上初となる3DCG アニメーションとなり、先日、お亡くなりになられた原作者モンキー・パンチ氏の悲願でもあった“フル3DCG によるルパン一味”が誕生!
モンキー・パンチ氏が生前、キャラクター設定資料を観て「新しい感覚がいっぱいつまったルパンになりそうで、どんな作品になるか想像するだけで、今からワクワクしています」とコメントするなど、モンキー・パンチ氏が完成を心待ちにしていた “新しいルパン三世” がこの冬、スクリーンで大活躍!

 

 

■シネマAR マッピング
“ルパン、日比谷にあらわる…!?”
広場の大型ビジョンにデバイスをかざすと、ルパン三世のキャラクターが画面から街へ飛び出します!

 

 

■シネマデジタルフォトスタジオ
ルパン三世のキャラクター達と一緒に、コマ撮り風の画像が撮影できます。画像には、メッセージなどをお絵かきすることも可能!

 

 

■シネマプロジェクターフォトスタジオ
SNS 映え間違いなし!ルパン最新作の世界観はもちろん、様々なグラフィックデザインが合成された画像を持ち帰り、発信することができます。

 

昨年の様子

 

■ルパン三世 THE FIRST インタラクティブシアター
期間:10月 18日(金)~10月 27日(日) ※一部コンテンツは11月 4日(月・祝)まで
時間:11:00~ 18:00(予定)
協力:2019 映画「ルパン三世」製作委員会
会場:日比谷ステップ広場、日比谷アーケード ほか
参加費:無料

 

(編集 森川 創)

関連リンク:

HIBIYA CINEMA FESTIVAL
https://www.hibiya.tokyo-midtown.com/hibiya-cinema-festival/

ルパン三世 THE FIRST

https://lupin-3rd-movie.com/

 

今注目されている記事

自己PR研究所

Let's Share! ⇒ twitter facebook はてなブックマーク