楽しいニュース.com

世の中の明るいニュース、あつめました!

2021.02.26科学・IT

春 遠からじ、スマホカメラに物足りなさを感じたらデジタル一眼カメラのレンズはいかが?

LINEで送る
Pocket

 

これから春に近づくにつれて、コロナ禍でも密を避けて、屋外のきれいな花々や景色を撮影してみたいもの。
日進月歩、最近のスマホカメラもかなり進歩してきましたが、よりきれいに撮りたいと思ったら、やっぱり専用のカメラが欲しくなりますよね。

そんなときは、画質が良く小型で気軽に持ち運べるミラーレス一眼がおすすめです。

特に、「インスタ映え」するような全体的に明るい雰囲気の写真や背景が綺麗にボケている写真を撮るには、単焦点レンズを使って、露出設定を上げて、明るくして撮るのが効果的です。

 

 

一眼カメラの魅力のひとつには、レンズを換えることでいろんな写真の表現ができるということがあります。
ただ、どんなに表現力が豊かな撮影ができても、重いと旅行などに持ち歩くのには不向きです。
カメラもレンズもできることなら軽いものが望ましいところ。

常に最先端技術で先を行くソニーは、高性能でコストパフォーマンスがよいカメラを作っていますが、同様に高性能で軽量なカメラレンズも作っています。
楽しいニュースにとてもゆかりのある女性が開発に携わったという デジタル一眼カメラα[Eマウント]用レンズ SEL35F14GMもそのひとつです。

 

 

『FE 35mm F1.4 GM』の特長

 

焦点距離 35mmの大口径広角単焦点レンズ Gマスター 『FE 35mm F1.4 GM』は、開放絞り F1.4の大口径単焦点レンズながら常に持ち歩けるコンパクトなデザイン(最大径 76mm×長さ 96mm、フィルター径Φ67mm、質量 524g)で、プレミアムレンズシリーズの Gマスターならではの高い解像力とやわらかく自然なぼけ描写を実現しています。

またソニー独自の高推力な XD(eXtreme Dynamic)リニアモーターの搭載により、高速・高精度・高追従かつ静粛なフォーカシングが可能で、静止画・動画撮影の幅広いシーンに おいて、撮影者の表現の幅を広げます。

『FE 35mm F1.4 GM』は、『FE 24mm F1.4 GM』(既発売)で評価を受けた最先端の光学技術と小型設計技術の高次元での融合を、幅広い被写体をカバーする焦点距離 35mmで実現したオールラウンドレンズです。

 

 

デジタル一眼カメラα[Eマウント]用レンズ SEL35F14GM
・近日発売予定
・希望小売価格 198,530円+税

・詳細 https://www.sony.jp/ichigan/products/SEL35F14GM/

 

『FE 35mm F1.4 GM』を装着したαで撮影した実際の写真①

 

『FE 35mm F1.4 GM』を装着したαで撮影した実際の写真②

 

特長をまとめると、高速かつ高精度なAF(オートフォーカス)、そして、大口径単焦点レンズでありながら、コンパクトで軽量なデザイン。
春の女子旅にぴったりなレンズですね。発売が楽しみです。

 

(情報提供: ソニー株式会社、編集: 森川 創)

今注目されている記事

自己PR研究所

Let's Share! ⇒ twitter facebook はてなブックマーク